1個しか無かとに、何でマンコ(万個)なん!ふざくんな!って、ブチギレた事がある者やばってんさ

522文字

この時期になると、恒例のように放映されてる火垂るの墓

火垂るの墓は、心に雨雲が立ち込めるような、悲しきストーリーだけど、逆再生して見方を変えると、雨雲が割れて最初の太陽の光がこぼれ出すような、心温まるヒューマンタッチのストーリーに、様変わりするとさ

全身に大やけどを負って、非業の死を遂げた母親も、逆再生で観ると、驚異的な自然治癒力で回復を遂げ、健康体を取り戻すし。傷跡も消え、崩れた美貌も元に戻り、3人手を取り合い、助け合って暮らすようになるし

神戸の町を、焼夷弾で全面焼け野原にした爆撃機も、逆再生で観ると、焼夷弾を撤去したり、燃え盛る火を鎮火させたりする、神の救世主になるし

冷酷無比で意地汚い親戚のバンバも、逆再生で観ると、日を追うごとに、バンバの中からトゲトゲしさが抜け落ちて、穏やかで心優しい人へと変貌を遂げるし

栄養失調で正気が抜けて、ドロップとおはじきを間違えてシャブってた狂気じみた節子も、逆再生で観ると、正気を取り戻し、ドロップも正しくシャブれるようになるし、色艶も良くなり、健康体を取り戻すようになるけんな

コップは横から見ると四角。上から見ると丸。見方を変えると、尖ったストーリーも、丸く穏やかになるって事な

広告