オラが作った夕飯を、犬のエサだと思われた、今日この頃やばってんさ

793文字

創価バンバ(ババア)の乳とかけて、季節外れの衣替えと解く、その心は「出しても誰も使わんから、しまっとけ」

昔創価のバンバに、肩幅の広さを褒められた事があるとやけど、オナゴが肩幅の広さ、割れた腹筋、鍛え上げられた胸板みたいに、男らしいパーツを褒める場合は、その男に性的な関心があって、誘いをかけてると思って、間違いなか

何の感情も抱いてない男の体は、興味も無ければ、そもそも話題にしようとはせん。何の好意も抱いてない男の体は、キモいとしか思えないのが、まともなオナゴの真っ当な反応。そんなオナゴが、自ら進んで男の体を褒めるって事は、そのパーツにかなりセクシャルな魅力を感じてて、それを暗に匂わせてるって推察出来るとさ。首から下、股から上を褒められたら、オナゴはあなたを性的な目で見てると思って、間違いなか

まぁでも、まともな男は若いオナゴが好きで、バンバには興味を示さん。肥沃な畑に種をまけば、生命力に溢れた瑞々しい実を成らす事を、本能的に知ってるから。枯れた畑に種付けしても、実を成らさない事を本能的に知ってるから、まともな男は若いオナゴを好み、バンバには興味を示さん

男が色んなオナゴに興味を示すのは、より多くの畑に種付けをして、種を減らさせんようにする本能。スケベな感情が湧くのは、種付けさせんと人は減り続け、人類は滅亡の危機に立つから。子々孫々に渡って繋がる、命のバトンを切らせん為に、スケベ心は湧く

その結果生まれた子供。自分の子供を、殆んどの人はカワイイと思うじゃんか。何で人は、我が子をカワイイと思うかっていうと、可愛くないと育てんから。カワイイっていう感情が湧かんやったら、誰も子を育てんから、子は野垂れ死にする。成長なんて出来ん。そうならんように、人には子をカワイイと思うような設計がされちょる。ある種の生存本能

自然の摂理って、計算されまくってて舌をまくわ

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中