痩せる石鹸で、痩せたのは石鹸だけってさ。乗馬は痩せるっていうけど、痩せたのは馬だけだってさ。セックスは痩せるっていうけど、痩せたのはちんちんだけってさ

1029文字

知恵っていうのは、別の分野のものをこっちに持って来るか、もしくは知識と知識を組み合わせる事で、生み出されるもんやけん。ゼロには、何を掛けてもゼロ。無からは何も生まれん

例えば、爆発的ヒット商品のゴキブリホイホイの場合だと、「ハエ取り紙」と「ゴキブリ」が発案者の頭の中で合致したから、生み出されたもんやし、ポキポキ刃を折って使うカッターナイフの場合は、「板チョコ」と「ナイフ」が合わさった事で、生み出されてるけん

この例からもわかるように、知識と知識が合わさって、科学変化を起こす事で、知恵は生み出されるわけさ。ゆえに、知識が豊富になれば、組み合わせも増えるから、知恵が生み出しやすくなるって事

例えばマジックにしても、タネを多く知ってるマジシャンは、それらをいく通りも組み合わせて、新たなマジックを生み出せるわけさ

これは笑いにも応用出来るけん。例えば、交番前によくさ「今月の事故5件、死亡者3人」て書かれたのが掲げられてるけど、これ見て笑う人はおらん。でもこれが、フグ屋の前に掲げられてたら笑いが生まれるとさ

「骨離れが良く、ジューシーかつスパイシーに仕上げた逸品」これがケンタッキーに掲げられてても笑いは生まれんけど、これが火葬場に掲げられてたら、ブラックユーモアでスパイスの利いた笑いを誘うわけさ(四角四面の真面目実直な奴は除く)

知恵っていうのは、男と女の関係で説明出来るわ。男と女が合体すると(異質の者同士)新たな生命が生み出されるじゃんか。男単独、女単独、男同士、女同士では新たな生命は作れんわけさ。アイデアもこれと同じで、違う分野のもの同士をくっ付ける事で、生まれるけん。単独もしくは、同じ分野同士では生まれん

ネットからは、オラが教えてるような有益な情報は、まず得られん。なぜなら、世の中が等価交換(釣り合い、バランス)で成り立ってるから。ネットに有益な情報を載せた所で、お金をもらえるわけじゃなかてん、誰も貴重な情報を載せんわけさ

有益な情報を得たいなら本が1番。本屋や図書館には、宝が眠っちょる。なぜなら、貴重な情報を本に盛り込めば、本が売れて、著者に莫大は印税が期待出来きて、等価交換が成り立つから

オラ自身、本を乱読しててごくたまに、莫大な財を成すような宝を見つける事があるけど、宝に当たらなくても、本を読めば知識が身に付いて、その知識を別の知識と結びつける事で、宝を自ら作り出せるから、乱読はムダにはならんばい

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中