リモコンのボタンが戻らなくなって、5年目を迎えた、今日この頃やばってんさ

1384文字

頭の回転を良くする方法、人格を変える方法を教えるわ。セミナーで受講すれば、最低でも10万円以上は取られる。催眠講座とかモテ講座とかですら、数時間で数十万円取られるくらいやし

人は何をしてる時に、最も脳が活性化するか。結論からいうと、声を出して活字を読んでる時。音読をしてる時

音読以上に、脳を活性化する方法は、まだ発見されちょらん。音読は異常な程に、脳を活性化させるけん(黙読も活性化するけど、音読には大分劣る)意味を理解しなくても、書いてる文字を声に出すだけで、脳は異常に活性化するとさ

それに続くのがウォーキング。ウォーキングも、異常に脳が活性化する。後は字を書く、カズを数える、一桁の計算をする、指を使った行為(ピアノとか編み物)とかをする等

これらを毎日やり続けると、神経繊維と神経細胞のつなぎ目のシナプスが太くなって、頭の回転が速くなるとさ。シナプスの太さは、顕微鏡で見てもわかるくらい変わるけん

音読やウォーキングを続けると、脳を総括してる前頭前野(理性)が鍛えられて、頭の回転が良くなるし、清々しい気分になるし、積極的になるし、やる気が出るし、記憶力が増すし、思考力や集中力がつくし、感情の制御を出来るようになるし、緊張や不安や恐れを感じなくなって、人格そのものが変わって行くけん

「単純で素朴で原始的でアナログなもので、かつ、他の動物がマネ出来ない行為」は、人の脳を異常な程に活性化させると

人と他の動物との明確な違い、人が出来て他の動物が出来ない事は、「言語と数を使う」って所

人の脳が発達して、他の動物より賢くなって、高度の文明を築けたのは、言語と数を使えるようになったからに他ならん

だから、他の動物が出来ない、音読や、ウォーキング(二足歩行)や、字を書く事や、一桁の計算やらをすると、「おまえら動物とは格が違うんだよ」といわんばかりに、異常な程に脳が活性化するとさ

これとは対照的に、「複雑で、現代的、デジタル」なものや「緊張、興奮、不安、恐れ、リラックス」を伴うものは、脳機能を低下させるとさ。例えば、現代的なパソコンとかゲームとか、緊張や興奮や不安やらを伴うパチンコやら競馬やらをやり過ぎると、脳機能が低下すると

「緊張、興奮、不安、恐れ、リラックス等で脳機能が低下する」って事は、逆に言うと、音読やウォーキングや数唱(数をかぞえる)やらで、前頭前野を鍛えれば、緊張しなくなるし、興奮や不安や恐れやらを感じなくなっていくって事。緊張してる時にさ、数字を素速く数えれば、緊張が消えていく事からも、その事がわかるじゃんか

例えば、一桁の計算は脳を活性化させるけど、定積分やら、不定積分(原始関数)やら、線形微分方程式やら、多変数関数やら、量子力学やらの複雑な計算をしても、不思議な事に、ほとんど脳は働かん

複雑な事をすれば、頭が良くなるってのは間違いやけん。「原始的で他の動物がマネ出来ない行為」をする事で、脳機能は高まって賢くなるとさ

創価の勤行は、文字を声に出して唱える行為ゆえ、音読と同じ作用をもたらすから、鬱やら不安神経症は治ってしかるべきなのに、精神疾患者が増える一方なのは、NSAっていう糞諜報が、遠隔から科学技術を悪用して病気を作り出してるからに、他ならん

まだまだ続きがあるばってん、次回にしとくわ

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中