貧乏人の知り合いに「さっき作ったカレー、自然な甘味でホント美味しいから食べてみ!」って言われたんで食べてみたら、「人工的な苦味」しかせんやった、今日この頃やばってんさ

1415文字

米カリフォルニア州で、23日観光バスが大型トレーラーと衝突し、13人が死亡、31人が負傷

米フロリダ州で28日、貨物機が爆発、機体の一部が吹き飛ばされる

米シカゴの空港でも28日、離陸前のアメリカン航空機が火災。乗客乗員170人緊急脱出、約20人がケガ

「アメリカも、この地球規模犯罪の被害者だ」って事をアピールする、アメリカの糞諜報NSA

今回も引用文を載せちょっけん。最近は、HAARPの事を盛り込んだ文書をバラマキよっとやけど、バリ効果的ばい。またバラマキして来っけん、んじゃ

引用文↓

東日本大震災は、陰謀によって人為的に引き起こされたという都市伝説があります。

それを引き起こしたと言われているのは、アメリカのアラスカ州ガコナにあるHAARP

HAARPとは、高周波活性オーロラ調査プログラム(High Frequency Active Auroral Research Program)の略称です。

このハープは、高層大気と太陽地球系物理学、電波科学に関する共同研究プロジェクトです。

何か難しそうな研究っぽいですが、簡単に言えば、名前の通りオーロラを観測する目的で作られた装置とのこと。

大気に電磁波を飛ばして観測することで、オーロラの中の電気の流れや、海底の探査まで出来るようです。

・・・というのは表向きの話。

実は、このハープの出す電磁波は尋常じゃないほど強力なようで、

地球の電離層に直接照射し、天候を自由に操作したり、地震や火山噴火も起こすことができるという、恐るべき兵器とのこと。

ロシアの軍事専門誌にも、ハープは超強力なビームを生成する究極の地球物理学兵器であるという記事が、実際に掲載されたことがあるそうです。

「ハープ」により引き起こされた地震

「陰謀論者」が唱える説によると、

米軍の陰謀ですでにハープは兵器として使用され、世界各地で地震を引き起こしてきたそうです。

2004年12月26日スマトラ島沖地震をはじめ、

2008年 5月12日四川大地震、

2010年に起きたハイチ地震やカンタベリー地震、

それから、日本で2011年3月11日に起きた東日本大震災はハープの影響によるものだと言われています。

これらの震災の直前には、上空の大気温度が急激に上がったとのデータがあり、

ハープから照射された強力な電磁波エネルギーが震災と関わっていたと言われてます。

このハープは秘密結社イルミナティによって管理され、彼らの指定した世界中の地域に大地震を引き起こすことが出来ると言われています。

ここで、ある人物の証言を紹介します。

その人物は、東京にある有名な(Tホテル)の地下で開かれていたイルミナティとフリーメイソンの会合に招かれ、そこで日本地図を見せられたそうです。

しかし、何かおかしい・・・なんと!その地図には東北地方がありませんでした!

不思議に思い彼らに「どうしてですか?」と聞くと、彼らから驚くべき答えが・・・

「東北地方は、なくなるからだ・・・」

その一ヶ月半後に、あの東日本大震災が起こるのです。

この証言からもあの震災が人工的に起こされた地震だったことがわかります。

イルミナティ(illuminati)を反対にして「itanimulli.com」と入れると何とNSAのホームページへ飛びます

image

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中