「要約すると」って言って要約した内容が、元の内容より長くなった事がある者やばってんさ

726文字

アメリカ糞諜報に作られた、皮膚病みたいになってた、手の赤み、色素沈着がだいぶ消えて来たばい

image

引用文

元英諜報部員というおじさんがインタビューされているわけですが、マイクロ波は、目で見えないので、ステルス兵器として活用されていて、反政府的な人間などに対して、そのビームを当てることで、本人も全く知らない間に抹殺される可能性があるということ。

マイクロ波の研究は、コレまで十分になされていて、どの周波数が、どこの臓器に影響を与えるかとか、病気の発生する速度なども調整できるということ。

また、臓器不全だけでなく、精神疾患も引き起こすことが可能であるということ。

怖いですね・・・・

また、これらのマイクロ波は直接照射するだけでなく、地球を覆う電離層を利用して、遠く離れた地域にも照射することが可能であること。

アラスカにあるHAARPのアンテナ施設。こんな装置を使って、他国の気象などを操作していることは知られてきたし、また、地殻に照射することで地震を誘発させることも知られてきたわけだけど、特定の地域で、がん患者を多く発生させたり、車の暴走や、銃の乱射などという精神疾患のようなことも、引き起こすことができるわけだ。

どの周波数が、どの病気を引き起こすかという研究もなされているから、マイクロ波と病気との関係は明らかなんでしょう

引用文は以上

咳をした時の周波数と同じ周波の波動当てると、人為的に咳を出させる事が出来る

例えば、TBSラジオ90.5MHz、ニッポン放送93.0MHzに周波数を合わせると、これらのラジオを聴ける

これと同じように、食欲が湧かない時の周波数、眠れない時の周波数って具合に、それぞれの周波数と同じ周波を当てると、ラジオが切り替わるように、その状態に切り替わって、意識操作や精神疾患を作り出せるとさ

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中