髪の薄い知り合いが、「いま、床屋に行って来た」って言ってたのに、行く前と全く変わってなかった、今日この頃やばってんさ

1581文字

今日は笑いについて、考察していっけん。人を笑わすのは難しか。笑いには法則があるとさ。法則を知らずに笑いをとろうとする行為は、公式を知らずに、数学の難題を解くようなもん。この法則を知る事で、比較的楽に笑いをとれるようになるけん

笑いの中でも、ズバ抜けて難しいのが、文字だけで笑わす事。映像だと、テンション上げて勢いで笑わしたり、抑揚、身振り、手振り、姿勢、しぐさ、ボディーランゲージ、ノンバーバルコミュニケーション、非言語コミュニケーション等の、キネシクス(身体動作表現)で、強引に攻め込めば笑いはとれるけど、文章だとそれらが全く通用せん。ごまかしが効かん。文章だけで人を笑わす事がいかに難しいかは、実際にやってみればわかるばい。じゃあ、文章でも笑いがとれるには、どうしたら良いか

何で人は笑うのか、どんな状況の時に人は笑うのか、これらに疑問を持ち、色んな笑いを見て研究して、オラが分析して導き出した答えは

「自分の中にある固定観念が崩れた時に人は笑う」

パターンが外れた時、推測を裏切った時、期待に背いた時、決めつけや思い込みが外れた時って言い換えても良かな

「スカートしか穿かない女が、オラと会う時だけはズボンだ」

「誰でも良いから彼氏が欲しい!って言ってた女にフラれた」

「うんこ食ってる時にカレーの話すんな!きたねぇな!」

「ケータイが鳴らない」

誰の前でもスカートなら、オラの前だってスカートのはずなのに、オラと会う時だけはズボンを穿くってする事で、固定観念が崩れて、笑いを生むとさ

「カレー食ってる時に、うんこの話すんな」が普通。これを「うんこ食ってる時にカレーの話すんな、汚いから」ってする事で、固定観念が崩れて笑いが生まれる

ケータイは、鳴るもんだっていう固定観念がある人にとっては「ケータイが鳴らない」事は、固定観念の崩れなわけだから、笑いが生まれる

ヅラかぶったオヤジを見ると、笑いが込み上げてくるのは、皆一様に持ってる「頭に有るのは生えた髪」っていう、固定観念が崩れたからに他ならん。世の中の人が皆ヅラだったら、ヅラかぶった奴見ても、笑いは絶対に起きん

「自分の中にある固定観念が崩れた時に人は笑う」

例えば、ジュースが入ったコップの中に、円筒のサランラップの芯を入れとくわけさ。相手がしばらくして「何でラップの芯入れてんの?」って聞いて来たら、マジメな顔で(笑いながら言うと笑いは半減する)「エッ、ストローだと思ってた」って言うとウケる。ジュースを吸うのは、ストローっていう固定観念が人にはあるから、ストロー以外の物で吸ってるのを見ると、固定観念が崩れて笑いが生まれる

暑すぎて、かき氷がグツグツ煮立つくらいの日に、世界一寒いロシアのオイミャコン村に行くような格好、防寒着、マフラー、ニット帽、手袋等を装着して海に繰り出せばウケる。夏は薄着になるっていう確固たる固定観念が崩れるから、爆笑のウズに包まれる

真鯛の活け造りを食レポしなきゃならん場合、活け造りには目もくれず、下に盛られてるツマ(白髪大根)だけをひたすら食い「このツマどこ産ですか?」って、大根に関する質問だけすればウケる。メインの真鯛を真っ先に食うのが皆の固定観念としてあるから、大根だけ食われると、固定観念が崩れるゆえウケる

「5歳下の後輩に、タメ口で良いよって言われた」これも、先輩はタメ口っていう固定観念が崩れるから、笑いが生まれる

ビートたけし氏のギャグ「赤信号みんなで渡れば怖くない」も、赤信号では渡ったらダメっていう、皆の固定観念が崩れたから、ウケたわけで

嵐の松本ジョンだっけ、通称マツジョンだろうが、藤原の紀香だろうが、股ぐら良好、い、いや米倉涼子だろうが、誰であろうが、固定観念さえ崩せばウケるようになる。間違いなかよ

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中