「寒い以外の言葉が見つかりません」てテレビで実況してた人が、瓶の口から水が溢れるようにしゃべってた、今日この頃やばってん

3120文字

創価の魔の正体は、クソダニ米国が仕掛けてるクソAI。これを踏まえた上で

【創価信者に降りかかる魔。引用文】

創価学会の精神障害などの異常多発について

創価学会員の精神障害は、昭和40年代中頃から始まっていました。しかし「創価学会製ニセ本尊」に換えてから、発症が爆発的に多くなりました。特に「うつ病性障害」が激増しています

精神障害に苦しむ学生部員も異常に多く、大学中退する部員も多くいます。そして、新入会した学生部員よりも、学会2世3世の学生部員がほとんどです

「パニック障害」「社会恐怖(対人恐怖)」「強迫性障害」「パーソナリティ障害」など精神障害が創価学会員に異常多発

創価学会員の精神障害の多さと悪性度の高さに愕然。現在の創価学会員の精神障害は主に「うつ病性障害」となっています。熱心な創価学会員ほど、「うつ病性障害」になり、そして熱心な創価学会員ほど治らず、悪性の経過を示します

【創価女子部に降りかかる魔。引用文】

私は、創価学会女子部長を四年間、女子部副本部長約二年間やっていました

全国の女子部の皆さんに少しでも早く気づいて欲しい!との思いで、私が体験してきた創価学会の矛盾をお知らせしたいと思います!

身体がいつもだるくて、ちょっとのことですぐにへばったり、倒れたり、寝込んだりしていました。活動すればするほど体力がなくなっていきました。私だけじゃなく、女子部全体で、体力が無く、すぐにへばったり、会社休んだりしている 幹部や部員が大勢いました

歯がしょっちゅう痛むので、歯医者に行くと 「びっくりですよ!貴女の場合、まだ若いのに、歯に全然、栄養が行ってないですよ!」と、驚かれました。 歯が脆くなっていて、まだ20代なのに何カ所か抜歯をするはめになりました

同じような症状の子が他の女子部にもいて、その人は40才ですけど、もう、総入れ歯になってます

原因不明の症状からくる歯の痛みを感じる人が、私も含めて周りにたくさんいることをはじめて知ったような状態です。まるで学会特有病です

あと、髪にも艶がなくなってきて、いたみがひどくて、最初は、私は鬱でその薬のせいかと思っていたのですが、薬が減っても、艶も戻らないし、いたみも治らないんです。それで、洗っても洗っても、変な臭いが取れないんです

今(日蓮正宗に帰伏した後)は、実家でお風呂に入っても、父母に「お前の入った後のお湯が汚い!」と言われることがなくなりました

胃腸炎にも随分悩まされて、病院に行ったり、薬の服用をしました

他にも、いつも胃痛に悩まされていた活動家の女子部の先輩が医者に行ったら、「あなたの胃は、老人の胃だ!」とびっくりされたと言ってました。濃い味付けのものや、お茶も飲めない状態でした

(創価学会の)教学試験に近づくと、女子部全体に病気などが出てきてました

何でなのかな~?っていつも疑問に思ってました。 私はコンタクトをしていますが、教学試験になると、必ず目の中にオデキが出来て、コンタクトをはめられなくなります

他にも、教学試験の最中は、ほとんどの方が、本人、家族の病気など出てきていました。それでいて、試験が終わると治るんです。。。 

あと、ある女子部は、生まれたときに骨の病気で、治療もして治っていたのに、学会の大きい戦いや教学試験があるときなどに必ずぶり返して出てきて、痛くなり、戦いが終わると、治まる。。そんな繰り返しでした

でも、幹部に相談しても、「それが魔よ!大事な戦いだから魔が競っているのよ!」と言われると、何か釈然としないけど、そう思うしかありませんでした

私は女子部になってから、金属アレルギーがひどくなり、時計ネックレス、ブレスレッドを少しの間つけただけでも痒くなり、赤くなり、ひどい時はタダレてきて、範囲がでかくなり、しかも治りが遅かったです

ピアスはしませんが、イヤリングとかするだけでも、耳たぶが赤くなって血が出てきますので、貴金属類は一切していません。これは、周りの女子部にも結構同じ症状がありました 

選挙の最中は、疥癬(かいせん=ヒゼンダニの寄生による皮膚感染症。)になり、身体中が痒くなり、夜も寝ていられない方もいました
 
疥癬とまではなくても、選挙となると頭がやたらに痒くなり、医者から「髪の毛を染めないように」といわれた女子部もいました

ストレスで顎に吹き出物が出て、一個や二個ではなく顎全体に赤いポチポチしたニキビが出ている幹部の先輩を三人見たことがあります。治りが遅くて痛々しく感じました  

【集スト被害者のコメントより引用】

「昨夜 背中に何かを打ち込まれた。物凄い衝撃で一瞬 息が出来なくなるほどの痛み。そのまま就寝したが、明け方呼吸するたびに背中の骨に激痛が走るので、たまらずに救急車を呼んだ。レントゲンでは異常なし。」

「私の場合、寝室などでも攻撃しやすい場所としにくい場所があります。でも、位置を固定してしまうと、攻撃は増してきます。うまく金属などで体を覆うと、正確な位置が分からないようで、咳をさせたり、鼻をならせたりしてきます。加害者の所有している器具により違うようです。」

「左鼻の横、法令線に沿って 母と全く同じ場所にニキビを作られています。二人とも同じ場所に同じ腫物を作られるというのは何か意味があるのでしょうか?」

「胸が締め付けられています。だいたいいつも胸が苦しいです。尿や便をコントロールされています。涙、鼻汁、唾液も操られて出される場合があります。これらは電磁波攻撃と思われます。つらい」

「風邪でもないのにいきなり咳き込みだしたりします。仕事中は何故か12時頃になると咳き込むとかおかしいです」

「仕事の邪魔はよくされています!物忘れは加齢とともに現れるのもあるけどあまりにも今、言われた事を一瞬で忘れるとかおかしい。箱を作るのにテープを使用した後もう一度使おうと思ったらテープの先がめちゃくちゃになっていて外れにくくなってたのも不思議」

「巻き込まれた人は独りで思い悩むより、世間に犯罪情報を暴露した方が安全だ。加害組織の人員や設備には限りがあるし、ターゲットが多くなり過ぎると手が回し切れなくなる。やがて社会全体が、この犯罪を対岸の火事では放置しておけなくなる!」

-引用終わり-

創価信者や集スト被害者や一般人への痛み痒み病気等、全て【クソダニ米国が仕掛けてるクソAI】が作り出したもの

こいつは痛みひとつとっても、痛みを魔として利用したり、攻撃として利用したり、病気として利用するとさ

豚肉を焼くだけじゃなくて、揚げてトンカツ、煮て角煮、塩漬にしてハムにする。おいが教えた知恵湧出法で言うと、6番目「他の使い道」の手法

タン、くしゃみ、鼻水、咳き等も自在に出させる事が出来るとやけど、それらの症状を、病気として利用したり、ノイズキャンペーン(騒音の嫌がらせ)として利用するし

遠隔から意識を操って、人を特定の場所に集める手法にしても、これを集スト被害者が行く所に人を集めて嫌がらせとして利用したり、創価にお布施した店にお客を集めて、繁盛させる事に利用したりする。1つで2度美味しい二毛作手法

虫を大量に湧かせて、家の中に入れるのも、カラスを屋根の上に集めて暴れさせるのも、この手法

ど腐れアメリカがやってて、アメリカ人もやられてる犯罪なのに、アメリカ人の大半が知らん犯罪。 ほぼAIがやってる犯罪やから、知ってる人が少なかとは理の当然

広告