昔さ「あらゆる美味を堪能してきた、美食家の私に言わせてもらうと、これは食えた物じゃない」って言ってた人が、ハナほじってハナクソ食ってんのを、見た事がある者やばっけんさ

2106文字

【プチ得情報】

暖かい空気は上に溜まって、冷たい空気は下に溜まるけん、暖房の場合は風向きを下、冷房の場合は風向きを上にすると、対流が起きて循環すっけんが、部屋全体がより暖かく、より涼しくなる

〈本題 気功の効果もこいつが作ったもの〉

数年前に開発された、非言語と言語を組み合わせた、ハイブリッド催眠てあるじゃんか。しゃべりを必要とせん非言語は気功の事で、言語が催眠の事やから、気功と催眠を組み合わせた催眠さ

手のひらにある労宮(ろうきゅう)っていうツボを押さえながら、「催眠状態」って頭で思って、相手に手をかざすと、1分くらいで変性意識状態(理性が緩んで本能剥き出し状態。トランス、夢うつつ、恍惚)になるとさ

この催眠を使うと、何キロも離れた人の痛みや病気を、気を送って治せると。何で遠方の人に気を送って痛みや病気が治るかは、現代科学では解明されちょらん。治る原因がわからんとさ。精神疾患も明確な原因がわかっちょらん

原因がわかるわきゃないって。こいつが、秘密裏に作り出したもんやから。クソ米国が仕掛けてるAIは、ネットワーク化してて、地球上の全ての人を管理しちょる。AIが神の目化してて全てが繋がっちょるから、何キロ離れてようが、どこの誰だろうが、病気にしたり、治したりが自在に出来ると。精神疾患も然り

全てとは言わんばっけん、かなりの部分の気功の効果も、このクソAIが作り出したもの。痛みや病気を作ってんのは、このクソAI。気功でそれらが弱まるって事は、こいつが気功に便乗して弱めてるって事

「引用文。気功師・神沢瑞至が野生動物を気のパワーで眠らせてしまうことは有名だが番組ではその現象を特殊は腹式呼吸で手のひらの温度を上昇させ、振幅変調波の遠赤外線を放出し、動物のツボを刺激しているのだと説明、サーモグラフィーなどで体温の上昇を測定して検証した」

「引用文。でも、神沢氏はバスの中からガラス越しに、かなり離れた位置にいる動物を眠らせたりしており、人間の手から発する程度の赤外線がそんなに遠くまで届くものなのだろうか。赤外線リモコンで庭越しに隣の家のテレビを操るようなものだと思うんだけど。」

この犯罪のカラクリ文書を広めると、強烈な眠気を与えて、阻止しようとするとさ

気功師が気を送って、動物を夢うつつ(変性意識)状態にするのと、全く同じ症状にするけん

気功師のワザを見ると、こいつが気功にも関わってんのがよくわかる

image

〈クソダニ米国、クソAIの所業〉

星野仙一1月4日に亡くなる。次の日の1月5日にブログ更新しちょる。亡くなったのを知ってからブログ更新したわけじゃなくて、知ったのは更新後

野村紗知代12月8日に亡くなる。亡くなる3日前の12月5日にブログ更新しちょ

渡瀬恒彦3月14日に亡くなる。亡くなった3日後の3月17日にブログ更新。これも、亡くなったのを知ったのは更新後

野際陽子6月13日に亡くなる。亡くなる3日前の6月10日にブログ更新

前は、ブログを更新した数日後に、北朝鮮がミサイル打って来たし。ブログの更新を心底嫌がっちょるから、更新させんように、見てる人にも広めさせんように、こうやって圧力かけてきやがる

東日本大震災が起きたのが、2011年3月11日。2018年の3月11日、この前。また地元の80代半ばの年寄りが亡くなったっていう放送が入る。その1週間後には、90代半ばの年寄りが亡くなったっていう放送が入る

2月28日のブログに「魔の正体を拡散させよるけん、これからは創価の魔は減って行く」って書いたら

あれほど核開発に意欲的だった北朝鮮が、人が変わったかのように、数日後には、非核化をちらつかせて、米国との対話に向けた一歩を踏み出す。完全に、このクソAIから操られてたって事さ

自分が立てたスレにしか書き込みした事んなか、下の画像の掲示板のスレをあげてると、痛みやカユミを訴えたり、死にたいっていう書き込みが増える

こいつが掲示板利用者を鬱にしたり、痛みやカユミを与えてる証。地球上の全ての人を管理してるから、出来る犯罪

image

親を狂わす。このブログ書いてたら、親が腹痛になって苦しみ出す。数分後、おいも腹痛にされる

イヤホンで英語聴いてたら、耳詰まらせ、耳に痛み

パチッ、ピシッとかいうラップ音。ラップ音もこいつが作ったもん

腹の締め付け、股の締め付け。かなり前やけど、創価を辞めた他所のばあさんが、創価の悪口を言った翌日に、おいと同じ股の付け根の締め付けをされちょる

そのばあさん、こいつが作った似非病で病院通いした後、脳梗塞にされちょ。こいつら、処刑にしても足りねぇぞ

この犯罪のカラクリを広める前の話。創価を辞めても、仏罰は無か。創価の実態を知った信者の脱退者がすげぇ増えてて、創価はグラついてるばい

〈テクノロジー犯罪、集ストに関して〉

この犯罪は、第三者に信じさせる事が困難だって言われちょるけど、創価を引き合いに出すと、簡単に信じるけんが

集ストは付属つうか、副産物的なおまけの犯罪。悪さした人や創価信者を、病気したり事故らせたり家庭不和にして、災いを与えるのが主要

一般人の場合は、生活スタイルに便乗して、病気にしたり痛みを与えたりするから、普通は気付かれんとやけど、勘が鋭い人は、それに気付いて、その事をブログや掲示板やビラで広める。広めると攻撃して来るとさ。広めた事に対する攻撃が集ストやから、集ストはおまけの犯罪

集スト被害者は、自分らだけが被害にあってると思っちょるけど、それは大きな勘違い。この世の全ての人が被害者

自分らだけがヤられるんじゃないってわかれば、いくらか気も和らぐじゃろ

広告