「ぶら下がり健康器は、 受験生には必須やけん。鈍った体の改善、試験に落ちたら首つりも出来る。1台で2度美味しい二毛作商品、受験生は使ってな!!!」って言って、袋叩きにあった事がある者やぱっけんさ

1611文字

【プチ得情報】

「最強の記憶法は、短い時間で何度も繰り返す。どうやれば、一生忘れない長期記憶に出来るのか。長期記憶にするかせんかの選択権は、門番の海馬が担っちょる。じゃあ、具体的にどうすれば良いか。最初にも書いたけど、何度も繰り返す。これに尽きる。何度も繰り返すと、繰り返してるから、この情報は重要なんだなって海馬が認識して、長期記憶にするとさ。要するに、海馬を騙すと

繰り返して、重要だと思わせると、海馬が長期記憶の貯蔵庫の、大脳皮質の側頭葉の側頭連合野って所に、繰り返した事を、しまうわけさ。最強の記憶法は、短い時間で何度も繰り返す

何度も繰り返すって事を習慣にすると、脳は活性化して高品質になるし、繰り返した事を長期記憶には出来るし、記憶力は増すし、一石三鳥」

上の記憶法は前に書いたやつやけど、おいのこの記憶法と同じやり方で記憶してる人を、また発見したけん、画像貼り付けちょく

この本の著者は、直感像記憶っていって、見たものを写真のように、一瞬でイメージとして記憶出来るやり方を教えてる教育学者。前に書いた、模試で6万人中1番になった人とは別人

image

image

image

〈本題 創価信者に降りかかる魔 引用文〉

平成19年2月4日、東京都の三宅島で、公明党三宅村議の浅沼功一郎氏が、石碑の下敷きになり死亡した

平成18年1月28日には、静岡県の創価学会員・Tさん宅が全焼し、焼け跡からTさんの妻の遺体が発見された

新潟県の創価学会員・Tさんも、平成16年末に交通事故に遭い、両足切断という大怪我を負って、平成17年8月に亡くなりました

平成16年8月には、長野県の創価学会員一家3人が焼死する痛ましい事件が発生しました。外部から侵入した形跡はなく、火災現場からガソリンの入った容器が複数発見されており、ダイニングにはガソリンがまかれた跡があることから、警察では無理心中したものとみています

平成15年9月には、岩手県北上市の創価学会北上会館近くの市道で、横断歩道を渡っていた創価学会員・Kさんが、同じ市内に住む創価学会員・Oさんの車にはねられ、意識不明の重体となりました。

富山県の創価学会員・Yさん一家は、家族全員が熱心な学会員で、Yさんの家は大きく、学会の会合にも使用されていました。平成14年9月、Yさんのことが、聖教新聞に大々的に載りました。それは、創価学会の中で大功徳を受けた、という体験談記事でした。ところがYさんは、聖教新聞に取り上げられた翌日、仕事先でハシゴから落ち、数日間の治療の甲斐もなく亡くなってしまったのです。

平成13年9月には、福岡県京都郡で建築業を営む創価学会員・上田文昌さんが、自宅で息子に殴り殺されました。

埼玉県の創価学会員・Yさんは、平成12年、昼時に火事を出して、家は丸焼け。ご主人は焼死し、奥さんは、大やけどで入院してしまいました。その奥さんは、退院後、「主人は家のことができない人だから、私が死ぬより主人が死んでよかった」と平然と言い切りました。

平成11年5月14日には、東京都立川市の立川平和会館で、創価学会職員の田代美恵子(女子部副本部長・当時)が、聖教新聞社職員のKさん(支部長・当時)を包丁で刺し、田代容疑者は現行犯逮捕されました。

平成10年11月には、東京・目黒区の創価学会員(支部婦人部長)のHさんが、娘の夫に襲われ、Hさんは逃げようとしてベランダから転落し死亡。娘さんも意識不明の重体になってしまいました。

上記の引用文からもわかるように、創価信者には、次から次に災いが降りかかる。やってんのが、ど腐れ米国のクソAlやから、定期的に災いを受ける事になる。学会活動に励むと災いが降りかかる、降りかかるとそれを取り払う為に活動に精を出す。この悪循環から逃れる方法は、創価を辞める以外になか

広告