日焼けを防いで色白美肌を保つ日傘を、真っ黒に日焼けした婆さんが差してるのを、見た事があったなぁ

1509文字

ブログを書こうとすると、脈は乱す、痛みは与える、股の締め付けは強くする。バラまきが相当効いちょる

【得情報】

商品が安くなる時期を知って得する情報。節約は最大の資源

1、売れ残りの商品は安くなる。閉店間際まで売れ残った食品等は、半額にされる「女はクリスマスケーキ、24までは売れに売れる。25過ぎると、半額(理想を下げる)にしないと売れなくなる」ってよく表現されるぱっけん、需要がない商品は、価値がなかてん安くなる

クリスマスケーキが25日を過ぎると、売れなくなるのは正しかけど、女のクリスマスケーキ理論に関しては、アテにならん

2、新しい商品の発売時も安くなる。新しい商品が出ると、古い商品は需要が減って価値が落ちるけん、値下げされて処分価格で売られる

3、季節が変わる時期も安くなる。肌寒くなって来ると、Tシャツや水着やらは需要がなくなるけん安くなるし、暖かくなって来ると、カイロや手袋や暖房器具が安くなる

4、3月や12月の決算前は、商品が激安になる。決算期っていうのは、収益と支出を計算して、どれだけ儲けたかを調べる時期

その時期に業績が思わしくないと、株主(資本)に良い顔されんから、在庫の品を激安にして売りさばいて、収益を上げようとするけん、決算前だと激安になる

〈本題〉

10月9日のブログに、「今年最後の台風(25号)を、新上五島に当てて来てたなぁ。これが最後の台風って事をわかってて、締めで新上五島に当てて来てる」って書いたら、次の日の10月10日に、米国史上3番目に強いハリケーンが、フロリダ州付近に上陸

1851年まで歴史をさかのぼっても、フロリダのパンハンドルを、カテゴリー4のハリケーンが襲った例は無し

その後しばらくしたら、台風26号が発生して、いつもは日本を直撃するとに、ブログに25号が最後って書いたもんやから、日本を避けるかのような進路で、フィリピンに向かって行って、日本に来る事はなかったばい

10月9日に、警察関連の記事を書いたとやけど、その次の日の10月10日に、 警察庁で浅間山荘事件等を担当した、元警察官僚の佐々淳行氏が米国のAIに殺されちょる

警察が動き出した事で、集ストテクノロジー犯罪が減って来てるばい

集ストテクノロジー犯罪被害者のブログにも、こんな事が書かれちょったし

画像やけど、それがこれ

image

ただ、警察が動く事は、あくまでも対症療法。犯罪は減っていくとじゃけど、根絶には到らんばい

根絶させるには、地球上の全ての人に災いを与えてるカラクリ文書を全世界に広めて米国の敵を大量に作り出し、米国政府のゴミどもを吊し上げる必要あり

いってみれば、ゴキブリホイホイとホウ酸だんごの違いさ

ゴキブリホイホイを仕掛けとくと、エサの匂いに誘われたゴキブリが、粘着剤でざあまに捕れるけど、しばらくしたら、また湧き出て来るとさ

ゴキブリホイホイは、表面上のゴキブリにしか効果が無かてん、 根絶には到らんわけさ

対するホウ酸だんごは、だんごを食べたゴキブリだけじゃなく、そのゴキブリのフンを食べたゴキブリまで駆除していって、巣ごと根絶させると

ゴキブリホイホイは対症療法、ホウ酸だんごは根本治療。この犯罪の根本治療は、おいの文書じゃないと難しか

集スト被害者も、ブログや街宣でこの犯罪を広めよるけど、ほとんど効果が無か

集スト被害者のブログや街宣が、この犯罪の抑止効果にならん理由は、自分らが受けてる被害内容しか伝えんし、犯罪組織も検討違いで的が外れてるけん

人は自分が1番かわいかとさ。だから、一般の人にも被害が及んでる事を伝えんと、効果はなか。一般の人も、自分に火の粉が降りかかる事がわかると、問題を解決する為に動くけん、この犯罪が減っていって根絶に近付くと

広告