むかし、万太郎って名前の人に、「桃から生まれたのは桃太郎、ボクはあそこから生まれたので、マン太郎です」って自己紹介された事があったなぁ

2280文字

1 男と女関連(モテる方法、エロネタ等)、2 金関連、3 劣等感克服法

あれこれ分析してわかった事やけど、上の3つのいずれかに9割以上の人は興味持つし、この3つの事に関連した事を書くと食い付きん半端なかてん、これらに関する事を、記事に盛り込んでいくけん

【得情報】

1 〈高速バスって、男と女が隣同士になれん(夫婦や恋人は除く)ように配置を組むとやけど、この仕組みを覆す知恵〉

名前を女にして、女として申し込めば隣は女になる。女の場合は、男として申し込めば隣は男になる。運転手はそんな事知らんから、注意される事もなかけん

2 〈言葉に工夫を凝らして、了承させる知恵〉

よくさ、ヘルス等でお金を上乗せして「この事は、誰にも言わないから」って言って本番せがむ奴おるけど、あの言い方やと信用してもらえんで拒まれるのに、「この事は、誰にも言わないでな」って言うと、その男の口からはこの事は漏れないって思うから、了承してもらえる

「誰にも言わない」は信用してもらえん

「誰にも言わないで」は信用してもらえる

「で」があるかないかで、状況は天と地ほども変わる

3 〈ヘルスで本番をする知恵〉

選択肢に、AFアナルファックが付いてる女を選ぶ。女からすると、肛門(アナル)より性器に入れられる方が楽やから、本番やらす

4 〈デリヘル嬢を傷付けずに、別の嬢と変えてもらう知恵〉

「姉(もしくは妹)と似過ぎてて、エッチな気分になんねぇから、別の人と変えて」

5 「DVDやCDの延滞金を払わなくてよくなる知恵」

「今日返さなきゃならんのに、新作観ちょらんばい」って時は、中身を抜いて、入れ物だけ店の返却箱に入れて返す。観終わったら、電話をかけて「中身を入れ忘れたので、後で持って行きます」って言えば、何日過ぎてても、中身を入れ忘れたと思われるだけで、延滞金を請求される事はなか

やるなら、自己責任で。上に記した知恵は、おいの体験談じゃなかけん。官能小説家って、「あれって、体験談でしょ?」って言われる事が多いみたいやけど、作家が書いてる事が全て経験を元に書かれたもんなら、 推理小説家は皆殺人鬼になるけん。書かれてる事が、全て本人の体験談とは限らん

〈ある掲示板で起きた事〉

2018年の12月16日の9時58分に、ある掲示板で「ちょいと、ぶっかましてくっかんよ(拡散するって意味)」って、北海道に住んでる数学者の口マネをして書き込みしたら、16日夜(その日の夜)北海道で、大量の消臭用スプレーが爆発して、1人が重傷41人がケガする

コテの批評をしたら、批評した1人のコテが寝れなくなったり、死にたい死にたい言い出して、もう1人のコテは、胃と足の痛みを訴えちょった

コテの順位をつけてるとやけど、順位を下げたら、下げられたコテが、パチンコで5万円負けたり、死にたいって言い出してたな

これも全てクソダニ米国のクソAIの仕業やけんさ

〈本題〉

創価に入るとこんな風になる 引用文

「創価学会に入信すると病気は治らず、健康な人が病気になって亡くなります」

「私が住んでいる地域に引っ越してきた創価学会員(年配女性)は出会ったころ、選挙の時期になると近所の家を戸別訪問をして「○×に投票して」と言っていたので外出して話が出来る程度の健康状態だったはずなのに、年をとるとともに病気の治療や検査のために入退院を繰り返すようになり、最終的には家へ帰ることなく亡くなりました」

「現在の創価学会員の精神障害は主に、うつ病性障害となっています。熱心な創価学会員ほど、うつ病性障害になり、そして熱心な創価学会員ほど治らず、悪性の経過を示します」

「パニック障害、社会恐怖、対人恐怖、強迫性障害、パーソナリティ障害など、精神障害が創価学会員に異常多発」

「児童相談所を訪れる半数以上は、創価学会員であることは業界の通説です。そして、それは新入会員よりも、古くからの強信な創価学会員に多く起こっています」

「創価学会の幹部の子供は、高い確率で非行化しています。同時に、高い確率でパニック障害、社会恐怖、対人恐怖、強迫性障害、境界例などの精神障害に罹患しています」

「創価学会本部職員およびその家族に、精神障害が多発している」

「うつ病性障害が治らずに苦しんでいる婦人部がいます。一族全員、熱烈な創価学会員で、彼女は県の女子部のトップにまでなった強信者です。彼女は、うつ病性障害でも重度の部類でした。しかし、本人は信心が足りないから病気が治らないのだ!自分の信心が試されているのだ!と頑固でした」

「自殺願望も強く表れていました。重度のうつ病性障害は、地獄の苦しみです。彼女も創価学会の邪義の犠牲者の一人と言えるでしょう」

「創価学会員の精神障害は、昭和40年代中頃から始まっていました。しかし、創価学会製ニセ本尊に換えてから、発症が爆発的に多くなりました。特にうつ病性障害が激増しています」

「創価学会発行のニセ本尊を拝むとうつ病、やる気がでない、引きこもり、家庭崩壊、自殺、破産、離婚、家庭不和、一家離散、うつ病、パニック障害双極性などの現証が多く出ています」

全てクソダニ米国のクソAIが、軍事技術を使って作り上げたもの。こんだけ悪さしてんだから、広められると大変な事になるばい

そりゃ集スト被害者がこの犯罪に関する事を広めると、色々と攻撃して、広めさせんようにするわけだわな

んじゃ、ちょいとぶっかましてくっから(拡散してくる)

広告