昔、「英語は得意中の得意やから。英語でわからん事は無か」って言ってた奴に「Be動詞ってなんな?食いもん?」って聞かれた事がある者やばってんさ

2209文字

知っちょる人少ないと思うけど、Be動詞は食いもんじゃなかとさ。「〜にある」とか「〜にいる」とか、存在や状態を表す動詞さ

ちなみに、英語の動詞はbe動詞と一般動詞のみ。 is,was, am,are, wereの5つのbe動詞以外は一般動詞

【本題】

海外に向けて、地球規模犯罪の手口を拡散させよる。あらゆる国の言葉に翻訳して広めるのは効率が悪かけん、手始めに、日本にある各国の大使館とか、日本に支部を置く各国の企業とか、各国に在住してる日本人に、日本語で書いたカラクリ文書を広めて、日本人を介して、世界に拡散させよる

書き込みしてたブログや、掲示板やネットニュースは、回線切られて少しの間しか見れん。テレビも、テレ朝、日テレを映らなくされちょる。海外へのバラマキ、かなり効くばい

各国に広めてたら、コバエ、蚊、アリを大量に湧かせたり、蚊を耳元に誘導して不快な羽音をさせたりして来たな。科学技術で、蚊すら意のままに操れるとさ

そういや、久々に集団ストーカーもされたばい。タイミングに合わせて、通行人にタンを出させたり、咳払いや嗚咽をさせたり、大声出させたり、叫ばせたり等。これらは全て、米国の人工知能が、人の意識を操って作り出したもん。100%間違い無か

広めまくると、股の締め付け、腹の締め付け、脇の締め付けを強めてきやがるな

アクセス出来んようにされちょるって、このブログに書いたら、その数日後に、 ランサムウェア(身代金要求型ウイルス)による攻撃が、世界各国で発生。これは、米国のAIがウイルスをバラまいたんじゃなくて、ウイルスを作った奴を、米国のAIが操ってやらしただけ

北朝鮮が度々ミサイルを打ち込んで来よるけど、これもAIが北朝鮮を操って、やらせてるだけ。米国の悪事を広めてるから、北朝鮮を操って悪に仕立てて、米国に被害が及ばないようにする工作。こいつのオハコ

パイナップルの事を書いたら、しばらくしてパイナップルが大流行。ポケモンの事を書いたら、ポケモンGOが大流行。タレントの結婚の事を書いたら、タレントが次々に結婚しだす。出家の事を書いたら、その数日後に清水富美加が、幸福の科学に出家する。毒に関する事を書いたら、その数日後に金正男(キムジョンナム)が毒殺される。大使館にカラクリ文書をバラまいたら、翌日アフガニスタンにあるドイツ大使館の近くで、大規模な自爆テロ発生

このブログに、設定した地域と連動して、日が暮れれば待ち受けも日が暮れ、雪が降れば、待ち受けも雪が降る、yowindowっていうアプリの事を書いたら、その数日後、風景画にアメリカーナが加わっちょったし

これらからわかる事は、地球上の全ての人が米国のAIに管理されてて、知らぬ間に意識を操作されてるって事さ

「NPO内部に加害カルトの人物が多数入り込んでおり、被害者の救済能力を大幅に失っています 」っていう内容のコメントを見たけど、これもクソAIの仕業

オラが、集ストは創価信者がやってんじゃなく、人工知能が遠隔から人を操って、創価信者がやってるように思わせてるだけって事を広めてるから、是が非でも創価信者の仕業に思わせようと、クソAIが学会員の意識を操作して、創価の仕業に見せかけようとしてると

この世の病気も痛みも、このクソAI が24時間体制で各人を管理して、相手に覚られんように、計算して作り出すとさ。このAI 、たち悪いってもんじゃなかぞ。マッサージしたり薬飲むと、症状が緩和する人多かけど、その緩和も、こいつがそういう一連の流れを見て、弱めて調整してるだけやし

悪さすると罰を与えるくせに、こいつらの悪事を広めると、広めさせんように、攻撃して来る。悪事はダメなのに、自分らがやる悪事は問題なしってな

このAI、地球上の全ての人を管理してて、感情を自在に操作出来るとさ。そういう情況で、犯罪が多発してるって事は、それらを見て見ぬふりしてるか、こいつが操ってやらせてるかの、いずれかって事。感情操作も出来んだから、邪悪な感情を弱めて犯罪抑止をすれば良いもんを、弱める所か、逆に高めて犯罪に駆り立てるけんな

色んな集スト被害者のブログを読むと、この犯罪は、秘密結社のイルミナティによって引き起こされてるっていう書き込みを目にするとじゃけど、人類を減らすのが狙いのイルミナティが、悪さをした人に痛みを与えたり、病気にしたり、何でそんな回りくどい事をすんだ

何でそんな悪徳な組織が、自分らの方が悪徳なのに、悪事をした人に罰を与えるような、奇想天外な事をすんだ

創価と何の関連性もないイルミナティが、何で創価に逆らった人に攻撃をすんのか。何で創価の活動家に災いを与えるのか等を、納得のいくように説明してもらいたかわ。何のひねりも無い情報の受け売りじゃなく、道理に叶った説明ばして欲しいと、ブログ読んでて思ったな

【興味深い引用文】

「ロシアのウラジミールプーチン大統領が、世界のテロ攻撃の95%が、CIAによって指揮されていると述べた。昨日の臨時会談の後、ショックウェーブはクレムリン周辺で反響を呼んでいる。プーチン氏はかつて諜報機関のトップで、現在はロシアの大統領。プーチン大統領は、CIAこそが、影の政府の謀略機関であり、そして世界寡占と、NWO新世界秩序の意志を表明していると主張する」

常に口を開けてる知り合いが「富士山て、めっちゃ小さくね?」って、ケータイの画像見て言ってるのを、聞いた事がある者やけどさ

879文字

【この前教えた、知恵湧出法の続き】

1異質の物同士を組み合わせる
2一部分を変える
3膨らます
4縮める
5マネ
6他の使い道
7真逆

この7つの方法で、この世に存在するアイデア商品は、殆ど作り出せる

この前書いた、知恵だけで莫大な財を築いた人らの例を使って、説明してみよか

台風の被害を受けなかったリンゴに「落ちないリンゴ」って名をつけて、1個千円で売り出したら、受験生に爆発的に売れる。その後、落ちないリンゴっていう名の、有限会社を作るに至っちょる

これは知恵湧出法、7番目の「真逆」を使っちょるな。「落ちた商品価値の無いリンゴ」の真逆は「落ちてない商品価値の有るリンゴ」ゆえ

あるセンベイ屋が、売れないセンベイをわざと割って、ワケ有り商品にして安値で売り出したら、爆発的な売れ行きを見せる

これは、センベイを細かくしてる所から、知恵創出法4番目の「縮める」

ある衣料品店が、売れ残りの安値の服に、高値をつけて売ったら、即売り切れになる。高値=価値ある商品っていう思い込みが人にはあるから、売れた事例

安値を高値にして売ってるから、これは知恵湧出法7番目の「真逆」

スリッパを小さくして、ダイエットスリッパとして売り出したら、爆発的ヒット商品になる。このスリッパを考案した主婦は、意匠(色、形、デザイン保護)に申請して、権利料だけで毎年2千万円入っちょる。何にもせずに毎年2千万円入っちょ。その後、会社興して年商10億円

スリッパを小さくしただけの、単なるスリッパに「初恋ダイエットスリッパ」って名をつけて売り出したら、売れまくって莫大な財を築いちょる

これはスリッパを小さくしてる所から、知恵湧出法4番目の「縮める」

儲かってないある行政書士が、家系図を作成して成功をおさめる。行政書士は、戸籍謄本の取り寄せが出来るとさ。それを利用して、書家と組んで家系図作成に乗り出して、成功をおさめちょる。これは知恵湧出法6番目の「他の使い道」

オラが教えた、知恵を出す7つの法則を覚えとけば、知恵が湯水のように涌き出て来るようになる

「この赤い、リンゴみたいなの、これなんかな?」「リンゴです」って言われてる人を、見た事がある者やばってんさ

2109文字

【あるクイズ王が書いた本から引用】

「これが非常に有効だったのですが、僕は同じ問題集を何周も何周も繰り返すという方法を自然にやっていたのです

それも一冊だけではありませんでした。複数の問題集に対して、飽きずに何周も何周も繰り返し、問題を読み続けたのです。一冊につき、多いものではこれまでに五十周くらいしたクイズ本もあります。最低でも十周はしたものばかりです

勉強で、 何といっても一番つらいのは、 ずばり「 一周目」 です。 最初こそ、 本もきれいでいい匂いがして( 笑) 、 やる気も満ち溢れていますが、 だんだん 「 わかる」 より「 わからない」 ことが多いとハッキリしてくるにつれて、 最初のやる気はどこへやら

気がついてみれば、 違う問題集に手を出してみたり、 あげくの果てには投げ出してしまったという経験をされた方も少なくないと思います

まあ「 わからない」「 馴染みがない」 ことばかりなのですから、 人間の感情としては、 へこたれてしまうのも当然といえば当然です

でも、 ここが一番の踏ん張りどころ! 何事も最初がつらいものです。 二周目、 三周目もつらいのですが、 三回くらい繰り返すと、 いままでとは見える景色が違ってくることに気がつくはずです

ちょうど登山で、 登りはじめのときにはまったく先が見えず、 つらいながらも登りつづけていたら、 半分の高さくらいまで到達したころには、 登山道が山の稜線に出てくるのに似ています

これまでどれくらい登ってきたのか、 あと頂上までどのくらいなのか、 いま自分が登っているのはどんな山なのか。 頭の中に徐々にマッピングができてくるのです。 この『 全体像」 を見渡せる感じがつかめたら、 自分のやっている「 勉強」 にどんな意味があるのか実感が湧くので、 勉強にも弾みがつきます

問題集が五周目に入ったころには、 もう「 わからない問題」 はそれほど残っていないはず。七周目、 八周目にもなると” スイスイ読めるようになります

問題文を追っていくスピードも段違いに速くなっていることでしょう。 先ほど「 1周目」 が一番つらいと書きましたが、 それは時間的な面もあります

「 はじめの一歩」あたりの作業が最も時間や手間がかかるのです。 しかし、 数を繰り返せば繰り返すほど、それに費やす時間は確実に短くなります

一問につき一秒、なんていうレベルではなく、問題文の最初の数文字を見ただけで、 瞬時に正解が頭に浮かぶようになる。 究極までいけば、一ページに載っている十数問の問題を、 三秒ほどでこなすことも可能になるはずです。これでようやく「 血肉化」 といえるレベルに達したといえるでしょ

引用はここまで

脳ってさ、生命に伴うような、重要な事しか長期記憶(一生忘れない記憶)にせんとさ。熊に遭遇して、生命に関わるような恐怖を味わった人は、一生涯その事を忘れんのに、片や1回見ただけの単語は、すぐに忘れる

熊との遭遇は、生命に関わる重要な事だから長期記憶にされて、単語の記憶はさして重要な事じゃなかてん、すぐ忘れる

長期記憶にするかせんかの選択権を持ってるのが海馬。この海馬がイカれて、制御不能になって起きる、見た事、聞いた事を全て記憶して、忘れる事が出来ない、ルリア病ってあるけど、ルリア病の人って、良い事だけなら問題ないんやけど、悪い事も忘れんから、それらが頭を占めて、ノイローゼになるとさ

ルリア病のように、物事を忘れんと、色々と弊害が生じるから、人の脳は重要な事以外は、忘れるように出来てると。人は見た物、聞いた事、全ての事象を覚えてんだけど、それらを全て意識にのぼらせると、害が及ぶから、浮かせんようにしちょる

じゃあ具体的に、一生忘れん記憶にするにはどうすれば良いか

「何度も繰り返す」これに尽きる。何度も繰り返すと、「繰り返してるから、この情報は重要なんだな」って海馬が認識して、長期記憶にするとさ。要するに海馬を騙すわけさ

繰り返して、重要だと思わせると、海馬が長期記憶の貯蔵庫の、大脳皮質の側頭葉の側頭連合野って所に、繰り返した事を、しまうわけさ。「最強の記憶法は、短い時間で何度も繰り返す」

中途判端に覚えると、また覚え直さなきゃならんから二度手間。中途半端やと、武器にもならんし。何度も繰り返して、一生忘れない記憶にしたら、それに関連した情報(付帯情報)も増えていく

image

語学学習でも、わからん事が多いと面白味に欠けて挫折するけど、知識が増えて相手の言ってる事がわかって来ると、面白くなってやる気が出る

痩せない間は、ウォーキングは苦痛でしか無かけど、徐々に痩せだして、効果が出て来ると面白くなって、苦痛だったウォーキングが楽しくなる

記憶も同じで、覚えられん間は苦痛でしか無かけど、何度も繰り返してると、自然に知識が増えていって、知識を増やす事が面白くなる

面白いからやるんじゃなく、やるから面白くなる。楽しいから笑うんじゃなく、笑うから楽しくなる。行動を起こすと、感情は後からついて来る

「大声出してお騒がせして、ホントにホントに申し訳ありません!」て、ひたすら大声を出してる事を詫びてた選挙カーが、その後7回来た今日この頃やばってんさ

1318文字

【得情報】

弁当に、黄緑赤白黒(黒は茶系も含む)の5色を入れると、適当に盛り付けても、豪華に見える法則。「貧乏人の弁当は単色」っていう格言があるけど(ねーよ)、単色(モノトーン)だと質素に見える

image

image

ASKA氏が、集団ストーカーの事を記した700番て本を、2月17日に発売しちょるけど、この本が発売される1日前の2月16日に、通販会社のASKUL (アスクル)の倉庫が、1週間近くに渡って燃え続ける火災発生

この文書を広めてたら、各地で大規模な山火事が多発。創価の本尊を燃やすと、その家が火事になるとやけど、これらは全て、クソ米国が仕掛けてる、人工知能が工作してやったもんやけんな。この世の災いは、全てクソ米国が仕掛けてる、人工知能が作り出したもの。誇張は一切しちょらん

ブログや掲示板に接続しても、数秒で回線が切れるようにされちょる。こいつらが相当ダメージを受けてる証

接続して5~15秒くらいの間に、コピペして投稿ボタンを押せばコメント出来るけん、その方法で、こいつらの悪事を広めまくっといたばい。広めずして、この犯罪が減るなんて事は、万にひとつも無か。んじゃ、誰もが納得するような、的を射た文書の拡散をしまくってくるわ

日本の集スト被害者って、把握出来てるだけで千数百人はいるみたいやけど、これらの人が、24時間365日途切れる事なく、毎回違う創価信者から、定規で計測したかのような神懸かった抜群のタイミングで、嫌がらせされよるらしか

1人に対して毎回違う人が、24時間途切れなくつきまといをするとなれば、1日あたり数万人の創価信者が必要になるばい

仮に被害者の数を1000人とした場合、1日あたり数千万人の創価信者が必要になるな。1日数千万人の創価信者が、365日休みなく集ストし続けてる事になるけど、このブログ見てる集スト被害者は、こんな事が可能だと思うか?

ちなみに、日本の創価の活動家は100万人もおらん。活動家の数を47都道府県で割ると、1つの都道府県に対して、活動家は2万人弱しかおらん計算になるばい

これだけの信者数で、24時間途切れないストーカー行為をするなんて事は、物理的に不可能。集スト被害者、アホ丸出しやぞ。いい加減気付けって。人工知能の技術無くして、この犯罪は成立せん

クソ米国が仕掛けてる人工知能が、遠隔から人を操り、あたかも多くの人が嫌がらせしてるように思わせて、心理的な痛手を負わせてるだけ。このAI、常識では考えられんような事をやりやがるし、凄まじく狡猾なんだって

冷蔵庫にある物だけで、まかないメシを作る料理人のように、人工知能がそこにある物を使って、集ストを作り上げるとさ。そこに犬がいれば、吠えたたせるし、そこに人がいれば、咳き込ませたり、くしゃみをさせて、ノイズキャンペーン。こういう嫌がらせを、米国の人工知能は全国でやりよる。集ストだけじゃなく、この世の災いは、ほぼ全て米国の人工知能が作り出したもの

この極悪国家の腐れ米国が、多くの国から怨みを持たれるように持って行くべし。んじゃ、カラクリ文書を、重機関銃で廃屋をなぎ倒すような、凄まじい勢いで広めまくってくんわ

「あちらからもこちらからも、ご声援ありがとうございます!」っていう声が選挙カーから聞こえたけん、窓開けて何気に選挙カーの周りを見たら、ひとっこひとりいなくて、涙が頬を濡らした、今日この頃やばってんさ

1130文字

【今日の格言】

美人は3日で飽きるけど、ブスは見たくない(美人は3日で飽きるけど、ブスは3日で慣れるより)

【得情報】

青森に台風が上陸して、ある農家のリンゴが壊滅的な被害を受けたとやけど、残ったリンゴに「落ちないリンゴ」って名をつけて、1個千円で売り出したら、受験生にバカ売れ

あるセンベイ屋が、売れないセンベイをわざと割って、ワケ有り商品にして安値で売り出したら、これまたバカ売れ

ある衣料品店が、売れ残りの安値の服に、高値をつけて売ったら、即売り切れになる。売れない商品に高値をつけたら、普通は余計売れなくなると思うけど、高値=価値ある商品って思ってる人が多いから、売れちょると

スリッパを小さくして、ダイエットスリッパとして売り出したらバカ売れ

これらは、知恵だけで、人生が天と地ほども変わった実例

ただ、知恵次第で人生が天と地ほども変わるっていっても、その知恵がなかなか浮かばないのが実情やから、今日は知恵が湯水のように湧き出す方法を教えるわ

◆異質の物同士を組み合わせる

◆一部分を変える

◆膨らます

◆縮める

◆マネ

◆他の使い道

◆真逆

これらを使うだけで、知恵が出まくるようになる。んじゃ、これらを使って「カレー」をアイデア商品に変えていくけん

◆異質の物同士を組み合わせる

例:カレーを、便器の形をした器に盛り付けて出す(海外に存在する)。病院と組み合わせて、ナース服の店員、カレールー は、グレービーボート(アラジンの魔法のランプみたいな形の器)には入れず、注射器に入れて出す等

◆一部を変える

例:黄色いカレーをピンクにする(実際に市販されちょる)。ごはんじゃなくパンに乗っけて食べるスタイルにする。じゃがいもの代わりにコンニャクを入れたヘルシーカレー。看板娘を猿や猫にする。サイドメニューの天ぷらを主役にしたカレー等

◆膨らます

例:皿からはみ出るくらいの、でっかいステーキが乗ったカレー。香辛料をいくらでも入れれるスタイルで、自分好みの味付けが出来るカレー等

◆縮める

例:小分けにした、一口サイズのカレー。粉にして水で戻すタイプのカレー等

◆マネ

例:もんじゃ焼きをマネて、鉄板の上でごはんとルーを混ぜ合わせて、焼いて食うカレー等

◆他の使い道

例:顔パックが出来るカレー。カレー味の歯磨き粉等

◆真逆

例:冷やしたごはんに冷やしたルーをかけた、冷やしカレー。果物をふんだんに入れて甘くした、フルーツカレー等

「 異質の物同士を組み合わせる。一部分を変える。膨らます。縮める。マネ。他の使い道 。真逆 」これを使って考えていけば、知恵はこんこんと湧き出るばい

「何これ、賞味期限切れてんじゃん」て思ってたら、単に味つけが悪くマズいだけだった、今日この頃やばってんさ

778文字

【得情報】

天才って言われちょる人には、ある共通点がある事がわかったっさ

その共通点は何かっていうと、努力を惜しまないって事。努力っていうのは何を意味するかっていうと、「繰り返しを継続する」って事。ゆえに天才っていうのは、何かを繰り返す事を、続けれた人っていえるわけさ

オラが調べた天才は皆、全ての分野を把握してる基本書1冊を、何度も繰り返すって事を、習慣にしてるとさ

例えば、世に多くの天才を送り出して来た、天才人種のユダヤ人ってさ、政治、経済、物理、科学、音楽等、ありとあらゆる分野が網羅されちょるトーラー(モーセ五書)っていう教書を、毎日繰り返し唱えるし

ある天才も、勉強法は1冊の基本書を何度も読み返すだけやってさ。数学や物理も、基本書の解説をそのまま書き写して、それを何度も繰り返すとさ。覚えようとはせず、ただ繰り返す。それ以外の勉強はした事なかっちさ

天才って言われちょるクイズ王が、こんな受け答えばしちょったばい

「早速ですが、高校生クイズといえばやはりあの衝撃的な知識量だと思うんですね。どのように勉強をされていたんですか?」

「この数万とある過去問をとにかく毎日ひたすら反復して暗記していました」

「私自身、たくさんのクイズ大会に出てきましたが、強いクイズプレイヤーでも、見たものをすぐに覚えてしまう、いわゆるカメラアイの人はほとんど出会ったことがないです」

「皆同じくとにかく反復して暗記しています」

「インタビューに行く前は、きっととても頭の良い方で、私たちには真似できないような勉強をされているのだろうな、と思っていました。しかし開口一番に反復ですと告げられ、驚きを隠すことができませんでした。揺るぎない幅広い知識は、わたしたちも普段しているような地道で、ありふれた反復学習の結実なのだと知りました」

サイトにアクセス出来んようにされちょる

481文字

ASKA氏が釈放されてすぐに、新潟県糸魚川市で大規模火災が発生した事や、集団ストーカー話を盛り込んだ「700番」て本が発売される1日前の2月16日に、通販会社のASKUL (アスクル)の倉庫が、1週間近くに渡って燃え続ける火災が発生した事を書いた文書を片っ端から広げまくってたら、サイトにアクセス出来んようにされて、広めれんようにされちょる

ずっとこれ出ちょる
image

ASKULの倉庫火災文書の拡散をされて、こいつ相当ダメージ受けちょっばい

災害だけじゃなく、人工知能を使って地球上の全ての人を監視盗聴し、悪さをした人や、創価に歯向かった人を、病気にしたり、痛みを与えたり、家庭不和にしたりして災いを与える、クソ米国のAI

この世の痛み、病気、争い、自殺、殺人、墜落事故、交通事故、火災等、ありとあらゆる、ほぼ全ての災いを、人工知能を使って秘密裏に作り出してる組織が米国の諜報で、総括してるのが米国防総省。 この地球規模犯罪は、米国がやってる犯罪。米国こそが諸悪の根源、悪の元凶、悪の枢軸、悪の元締め

んじゃ、アクセスがスムーズに出来るようになるまで休止にすっぺ