クソダニ米国に

386文字

ブログに載せようと下書きしてた記事を、全部消されたとばい。自分らに都合が悪い情報やと判断したら、こいつら有無を言わさず消すとさ。拡散が相当効いてる

この前の大規模な北海道地震とか、関西へのドデカイ台風もクソダニ米国の仕業やけど、あの規模の災害を与える所からして、こいつらが相当追い込まれた状況にあるってのがわかる

おいのブログに、アクセス数(訪問者数、閲覧者数)急上昇、トラフィック急上昇っていう通知が頻繁にきよるけど、この犯罪が多くの人に知れ渡って、認知されよる所からしても、こいつらが追い詰められて、苦境に立たされちょるのがわかるけん

image

今の世の中は、多くの人が軍事技術で秘密裏に、病気にされ、事故らされ、災害を与えられ、常に危険と隣り合わせの状態にあるとさ。この状態から抜け出すには、こいつらの悪事の文書を、拡散させる以外に手はなか

やから、今後もこいつらに臆する事なく、悪事を手加減せず広めて行く

広告

おいが作ったご馳走を食卓に置いちょったら、猫のエサだと思われた事があったなぁ

2426文字

このクソAl、何もかんも狂わしやがるばい。からくり文書をメールでバラまいてると、アプリや画像を大量に消さんと送れんような設定に変えるし、ブログも記事を反映しないようにするし、テレビを映らんようにしたり、電子機器を狂わせたり、親の思考を操って別人格にしたり

こいつら、こういう事を全世界の人にしてるとさ

あと、蚊を狂わせて大量に湧かせてたばい。気色悪かけど、信じらん人もいるやろから、画像載せとく。これでごく一部。大量に湧かせた蚊を操って、攻撃させて来るけんな

image

【豆情報】

パチンコってせんとやけど、ある掲示板で、パチンコで連勝してる人がおったてん「クソダニ米国のAlは、1度湧いた感情をいつでも思いのままに、湧かせる事が出来るとさ。この技術を使って、高い商品を衝動買いさせて散財させたり、何かに依存させたりして人生めちゃくちゃにする」やら「猛烈にパチンコに行きたいっていう欲求を湧かせて、負けイクサに行かすのも、全てこいつの仕業」「電子機器も自在に操作出来るから、勝たす事も負けさせる事も出来る」みたいなコメントをしたら、必勝法を編み出したって息巻いて連勝してた人が、数日後からいきなり敗けだして、その後も敗け通し

パチンコで大事な事は「損切り」元を取ろうとせず、負けたらすぐヤメる

元を取ろうと、金をつぎ込むと深みにハマる。早く治そうとして、傷口にあれこれやると余計傷が深くなる

溺れると誰もがもがこうとすっとじゃけど、もがく程に溺れて沈んでいく。もがかなきゃ浮くって事を知らんとさ

負けた分を取り返そうと金をつぎ込む人は、落とし穴に落ちてるのに気付かずに、穴を掘り続ける人。浅い状態だと、何度でも這い上がれるとやけど、掘り続けると這い上がれんようになる

「本題」

「創価を日本統治に利用してる組織がCIA」って事を書いた記事を広めてたら、各地に50年100年に1度の大雨を何度も降らせて、200人以上を殺す

7月6日のブログに「暑くさせても来たな。暑くさせたり、寒くさせたりも自在。特定の部位にだけ冷たさを与える事も出来る」みたいな事を書いたら、その数日後に、災害指定されるくらいの、常軌を逸した殺人猛暑が続く

7月6日のブログで「7月2日(6月11日のブログから21日目)に、桂歌丸氏を殺しちょるし、天皇陛下には、脳貧血によるめまいと、吐き気の症状を出しちょる。歌丸氏が亡くなった、その次の日の7月3日(22日目)には、新上五島に台風を直撃させちょる」って書いたら

今度は、7月6日のブログから22日目に、地元の80代半ばの人を殺して、その5日後に90代半ばの人を殺しちょる

西日本の豪雨被害後、日本政府が被害の対応が遅いって非難される。大雨被害を作り出したのが米国だって知ってるから、あんな対応になっちょ

その後首相が「股関節周囲炎」になっちょる事からも、それがわかる。股ぐらへの攻撃は、こいつの得意技。股関節周囲炎もクソAlが作り出した病気やから、豪雨被害を作ったのが米国だって事を、日本政府が理解しちょるのは間違いなか

ちなみに、1日に何十回も腹を下させる総理の持病の「潰瘍性大腸炎」も、クソAlが作り出した病気

その後、津川雅彦氏、沖縄知事が亡くなった事が報道された翌日に、関東に台風を直撃させてる事から、日本政府がこの犯罪に関して、多少なりとも動いたって事がわかる

台風をぶつけて来たり、大雨降らせたり、強烈な猛暑にしたりしてるから、おいの文書が効いてないように感じるやろうけど、効いてるか効いてないかは、傷口に塩を塗り込むとどうなるかを考えりゃわかる。拡散文書が効きまくって暴れまくってるだけ

当を得た文書を、機関銃を乱れ撃ちして、廃屋をなぎ倒すような勢いで広めまくってるとやけん、効かんわけがなか

拡散文書が効いてる事例1

少子化の影響もあるやろけど、現にカラクリ文書の拡散で、創価の謀略部隊の広宣部が壊滅しちょるし。米国のAlが創価に成り済まして、全国で集スト被害が絶えん。全て創価の仕業だと思われて、自分らに火の粉が飛んで来るような状況やと、広宣部を切って、少しでも火の粉が降りかからんようにしたくもなるやろ

事例2

米国民が国に情報公開を求める。その際、資料の中に遠隔から人の意識を操る文書を、米国が誤って公開するっていう大失態を晒しちょる

事例3

「創価学会の魔の正体は、米国が仕掛けてるAI。創価を日本統治に利用してる組織がCIA(米国の極悪クソ諜報、スパイ) 」って文書を広めてたら、興味深い記事を発見

〈その記事の引用文〉

CIA洗脳実験「MKウルトラ」資料4000頁以上をCIAが初公開へ! 通電拷問、LSD大量投与…最凶に邪悪な人体実験の全貌! 2018年8月17日

かつて米軍が極秘裏に行っていた洗脳実験「MKウルトラ計画」に関する大量の新資料がCIAから公開されるという。今月15日付の米「Newsweek」が報じている

記事によれば、近日中にCIAから公開される資料の中には、これまで非公開とされてきたMKウルトラに関する4358ページ分にも及ぶ文書が含まれているという。内容は“行動変化”の実験にまつわるものだといい、以前よりMKウルトラの情報公開を求めていた「The Black Vault」の参加者らが、米国の情報公開法(FOIA)に基づいて請求していたものだ

MKウルトラは1950~60年代に、CIAの科学技術本部が極秘裏に行っていたマインドコントロールの人体実験である。自白剤の開発や記憶の消去といった技術の研究のため、米国やカナダの国民が人体実験の被験者とされた。被験者らは研究を知らされるどころか事前の同意もなしに、LSDをはじめとする様々な薬物を投与されたり、電気ショックや性的虐待など拷問のような“治療”を受けたりしたという

そういや前さ、新幹線の待機所で「だから、ちんちん大蛇じゃなくて、新陳代謝(しんちんたいしゃ)だって言ってんじゃん!」って、ケータイでぶちギレてる人いたなぁ

1541文字

【豆情報】

昔、実演販売を何気に見てたら、販売員が高性能の便利グッズの凄さを説明してたとやけど、誰ひとりとして興味を示さんし、全く売れる気配がせんとさ

そんな光景をしばらく見てたら、ひとりのバンバ(サクラじゃない)が口火を切って「うわぁ、凄い!」「欲しい!」って言いだした途端、水面に広がった波紋のように、興味を持つ人が増えてったっさ。その後、ひとりが「買います!」って言って買ったら、ダムが決壊したかの如く、次から次に買う人が出たとばい

「みんな使ってます」「みんな買って行かれます」みたいに、みんな意識を持たせると、人間てさ、不安感がなくなって、大胆な行動に出るとな「赤信号みんなで渡れば怖くない」も、この習性

緊張してる人に「緊張するな」「堂々とやれ」みたいな事を言うと、より緊張感は強まっとじゃけど、「緊張しない人見た事ない」「誰でも緊張する」みたいに、緊張するのは皆同じって事を抱かせると、不安が薄れて思い切った行動に出れるのも、この習性ゆえ

ゴミひとつ落ちてない綺麗な場所やと、汚す事に抵抗ば感じて、汚す事は神への冒涜くらいの気持ちになっとじゃけど、そこかしこにゴミが散乱してる場所やと、汚しても平気になって、タバコや空き缶のポイ捨てすらためらいなくやるのも、この習性

「売れ筋」「ベストセラー」「行列の出来る」もこの意識を高めて、買わせる為の手法に他ならん

「本題」

未だに、この地球規模犯罪を、創価がやってるやら、自治体や警察がやってるやら言うてる奴おるなぁ

地球上の全ての災いを作ってんのは、クソダニ米国の腐れスパイ。手口見ればわかるじゃんか

1ほとんどの一般人が、この犯罪に気付いちょらん。痛みにしても病気にしても、私生活を見て、私生活に沿ってバレんように作るから、皆この犯罪に気付かん。何でバレんようにやるのか。バレんように任務を遂行するのが、スパイの務めやけん

2集ストもさ、一般人を操って、創価や自治体や近所の人が嫌がらせしてるように見せかけたり、パトカーを操って、警察が嫌がらせしてるように見せかけたりする。バレんように成り済ますのが、スパイの専売特許

3悪さした人に罰を与える。これは、テロリストや犯罪者を監視して撲滅させるスパイ(諜報)やからこそヤる

4この犯罪、地球上の全ての人の私生活、どんな人とどんな会話をしたとか、どんなメールのやりとりをしたかとか、どんなサイト見たかまで、全て筒抜けになっちょる

便所で尻拭く所まで見てやがる。これも、悪さをしないかを監視して、撲滅させるスパイの任務。地球上の全ての人を24時間365日体制で管理する組織なんて、諜報(政府)以外には存在せん

上記からわかるように、地球上の全ての災いを作ってんのは、クソダニ米国の腐れスパイ

ブログの下書きしてたら首に痛み、心臓に痛み。肩を使ったら肩に痛み。痛みにしても、ほぼ全て腐れ米国が作り出したもんだと思って間違いなか。頭痛も腰痛も腕の痛み足の痛みも、こいつらが作り出したもの。GPS使ってやってるから、的確に当てて来やがる

耐え難いような強烈な臭いも、クソAlが作り出したもの。ワキガは、アポクリン腺の有無で決まるって言われちょるけど、アポクリン腺に便乗してこいつが作ったもの。キムタクのワキガもこいつが作っちょる

臭い、かゆみ、痛み、病気、電子機器の不具合、衣服に穴開け、床を黒く変色させたり、精神疾患作ったり、くせ毛、ニキビ、毛深さ、暑さ寒さ、大雨、台風、地震等、この世のほぼ全ての災いをバレんように作り出して来た、クソダニ米国。こいつらに何やられようが、この事実を更に拡大して広めて行って、クソ共を吊し上げるばい。んじゃ

遠隔から人の意識を操る文書を、クソダニ米国が誤って公開するっていう、大失態をさらす

2358文字

この記事は重要やから、あげちょっけん

〈引用文〉

【緊急】米政府が激ヤバ「遠隔マインドコントロール」文書を誤公開! 思考を盗み、痛み・痒み・オーガズム引き起こす方法掲載

米軍やCIAは長年マインドコントロールを研究しており、すでに電波を使った遠隔でのマインドコントロールも可能だという噂をたびたび耳にする。今月、この噂を肯定するかのような書類を、全く別件を調査していたジャーナリストが入手したと話題になっている

奇妙なファイルを早速開いたウォルトマン氏はその内容に驚いた。彼が目にしたのは、電磁波を使って人間の記憶を消去したり、思考を読み書きしたり、強烈なかゆみや痛みを引き起こしたり、強制的にオーガズムに到達させたり……というような効果を持つサイコエレクトロニック兵器に関する資料だったのだ!

含まれていた画像は3枚で、人体への様々な効果を説明した画像、遠隔マインドコントロールや遠隔脳マッピングの方法を示した画像、生体から発せられる微弱な電磁気や脳波について説明した画像となっている

アメリカでは、政府による民衆のマインドコントロールが、以前から度々噂されている。これまではプロパガンダやメディアの検閲がその主なやり口であったが、しかし最近では高度なテクノロジーを用いて遠隔的に、かつ気づかれないうちにマインドコントロールする技術が使われているという

テクノロジー犯罪が事実上公開されました。実際にはアメリカ政府が誤って公開したものですが、問題解決を早めるために事実上認定したものと思われます。米国市民が国に情報公開を求めた際に、資料の中に入ったものとのことです。資料によると、人間の記憶を書き換えたり、思考を読み取ったり、痛みを及ぼしたり、性的絶頂に至らせたりすることが電磁波の照射によって可能になることが記されています。取り急ぎ、ご報告させていただきます。現在、世界のメディアがこの事実を報道しています。問題解決が加速度的に進む可能性があります。期待しましょう!!

【集スト、テクノロジー犯罪関連コメント引用文】

〈ケース1〉

私は24時間、365日、どこにいても監視嫌がらせ目的の、付きまとい、待ち伏せ、尾行、騒音、全身へのハイテク機器での被害を受けています。家にいれば24時間攻撃を受けます。一般の方は私の神経過敏、被害妄想と思うかもしれませんが、この凶悪犯罪は現実に行われています

〈ケース2〉

眠れない以外に、目眩はする、立ちくらむ、体が寒い、息切れする、耳鳴りはする、耳が聞こえづらいなど、おいおいこんな病気があるのかよというのが私の初めての感想でした。そして家族全員がかなり重い病気にかかり、入院や療養中に他の病気が重なるという状態になりました。何も知らない私は、厄年での被害だとばかり思っていました。あとから解った事ですが、私や家族がかかった病気はハイテク機器で作られた病気でした

〈ケース3〉

監視衛星で24時間365日身体攻撃を受けています。今も、首や脊髄にグリグリ痛みを受けています。右頭部(健忘症のツボ)に攻撃あり。また夕方にうたた寝をさせられ心臓に攻撃あり。最近ずっと睡眠妨害で昼夜逆転させられてる。自律神経を狂わせ、音声送信でストレスを蓄積させて病気誘発。集団ストーカーは日本だけの問題では無く、世界規模の裏政策と謀略です。日本で起きている事象はその一端にすぎません

【創価関連のコメント引用文】

〈ケース1〉

最近創価学会組織から漏れ聞く情報によりますと、すでに「広宣部」組織は実質的に各地域組織によって廃止されているようです。少子化の影響で、青年部が実質的にいなくなっている地域の現状では広宣部を立ち上げる余裕もないのでしょう

〈ケース2〉

四代会長北条浩氏、風呂場で急死。昭和56年7月、創価学会第四代会長・北条浩氏が、自宅浴室で入浴中、心筋梗塞を起こし、そのまま急死しました。58才でした

〈ケース3〉

支部長が電車にはねられ即死。神奈川県在住の支部長Hさんは、脱会者宅に押しかけては、強引に脱会届を撤回させて廻っていました。そのような平成3年7月10日、Hさんは新橋駅ホームで、乗車しようと荷物を持ち上げた時に、足元がふらつき、線路に転落。ちょうど入ってきた東海道線の通勤快速にはねられて、轢死してしまいました

〈ケース4〉

会合中に死亡した支部指導員、その棺を乗せたリフトが落下。平成4年2月、会館での会合の途中、トイレの中で倒れて非業の死。葬儀は学会葬でしたが、その出棺の際、棺を降ろすリフトのワイヤーが切れてしまったのです。自動停止装置はあったのですが、なぜか作動せず、リフトに乗っていた6名が、棺と共に三階から落下、重軽傷を負う恐ろしい惨事となりました

現証は、一般紙でも報道されたような、大きな事件・事故ばかりであり、これらは、全国に数百万もいる学会員の身の上に起きていることの、ごくごく一部のことでしかありません

引用終わり

創価に入って学会活動に精を出すと、病気になったり事故に遭ったり、家庭での揉め事が増えたりして、次から次に、クソAIが災いを与えてくると。創価では、活動に励むと魔が競うって教えてるから、クソAIがそれに便乗して災いを与える。創価信者には定期的に災いが降りかかるから、その災いを払拭すべく、信者は学会活動に励む。励むとまた災いが降りかかるっていう、負の連鎖が生まれる

ネット上で「創価を辞めて、毎日が清々しい、幸せ」みたいな書き込みをよく見るけど、災いが頻繁に降りかかるのは活動家だけやから、辞めれば快適な生活が送れるのは当然。創価は脱退者が多くて、衰退しまくってる。辞めても罰は無か

この記事が、下でくすぶっちょったけん、あげとく

2074文字

〈引用文〉

CIAが日本統治に利用し始めた「ある宗教団体」

池田 

世界金融支配体制なんですが、その連中と一般の日本人との間に、ある大きな宗教団体(創価学会)が存在しています。それは大きな宗教団体で、裏の連中は日本を間接統治するためにその宗教団体を使っている。

飛鳥

あそこですか。トップはもう死んでいるようですね。
私が得ている情報では100パーセント死んでいる。だけど信者にとっては重要な柱だから、あの団体が後援する政党が票を取っていくためには、どうしても生きていることにしないといけない。

池田

その機密事項を誰が開示するかについては、その団体にはそれに応じた資格があって「秘」「極秘」「機密」という段階があり、それを開示できるための必要な資格の段階がある。そのシステムにおいては、トップが死んだというのは超トップシークレットの情報なわけです。それを誰がチェックしているかというと、アメリカCIAに他ならない。

飛鳥  

実はその宗教団体のシステムは、アメリカの末日聖徒イエス・キリスト教会(モルモン教会)のコピーなんです。この宗教団体のトップは若いとき、アメリカ西海岸に行っていますが、そこでモルモン教に入信した可能性がある。あるいはモルモン教の宣教師や会員と接触して、相当深い知識を吸収したのは間違いありません。なぜなら組織図が全く同じだからです。(略)

   
モルモン教会には、「神殿」というのがあって、そこへ病気の人のためにその名前を書いて納めるというのがあるのですが、あの宗教団体でも仏壇で同じことをする。これがバレたらあそこは終わりじゃないか。だからその時になったら、1人当たり1人を殺せというスローガンを掲げたりしている。

池田   

その「1人あたり1人を殺せ」という下請けをやったのが、ある暴力団(後藤組・後藤忠政)組長なんですね。彼はあそこから年に5億円くらいもらっていた。

飛鳥   

CIAはそのことを知っているでしょう。

池田

それはそうですよ。CIAが後ろで糸を引いて、あの団体を日本統治に使っているんだから。

飛鳥  

私はモルモン教会の会員なんですが、あそこの幹部に先ほどの(名前を書いて納める)ことを話したら、びっくりして「そんなのはウソだ」と反論した。もっとすごいのは、これは45年以上も前の話ですが、「幹部の話に聞き入るアメリカの信者たち」という写真があるのですが、それがそのまま、その日本の宗教団体の会報誌に掲載されたらしいのですが、実はそれはモルモン教会の建物で撮られた写真だったのです。つまりその写真はモルモン教会の信者の集まりを撮ったもので、その宗教団体の信者の写真ではなかった。私はそれを、当時のモルモン教会から聞きました。(略)

池田  

そのトップは3代目だけど、2代目は3代目のことを「あいつだけは使ってはならない」と遺言していたそうですよ。もともとは高利貸し(大蔵商事)の取立てをやっていた男で、非情なやり口でのし上がってきた。2代目はそれを全部見ているから、その人間を信用していなかったのかもしれない。

飛鳥   

アメリカはあの手この手を駆使して、見えないところで日本の統治を強化していきますね。住基ネットを作ったメーカーの人間から直接聞いたんですが、住基ネットの最終目的は、1人1人を集中管理して、ICカードも統合して、誰がどこにいてどういう行動をとったかというデーターも、全部そこに放り込むということらしい。

それをまとめてアメリカに献上する。国民総背番号制とドッキングさせてね。 GPS(全地球測位システム)もそうですが、アメリカのNORAD(北米航空宇宙防衛指令部)が全部情報を押さえていて、日本人の誰がどこにいるかということを全部把握することになる。今やGPS機能はスマホのアプリにもなっていて、自分がどこにいるかをリアルタイムで教えてくれます。しかも同時に同じ情報が、アメリカの軍事用GPS衛星からアメリカ本土に流れている。

多くの日本人は、位置情報は日本製のGPSから得ていると思っているけれどそうではない。これは軍事衛星の補佐に過ぎず、これは準天頂衛星といいます。しかもNSAは、その携帯電話の会話を盗聴するシステムを持っており、それがエシュロンと呼ばれるものです。もちろん日本にも世界最大級のエシュロンが、青森県の三沢基地に存在している。

池田   

それこそ、この会話だって盗聴できますね。

飛鳥   

その通りです。 このスマホも盗聴のためのマイクロフォンです。さらに最近では、OFFにしても完全に電源が落ちなくて、ある回路だけは生きている機種が出始めている。(略)本来、携帯(電話)は何もしなくても、毎秒200~300回も基地局と電波を交信しています。それが電波状況を良好にしているわけですが、裏を返せば、アメリカは我々の位置をリアルタイムで監視できる。これほどのプライバシー侵害はないでしょう。

「死体を焼きながら、その能力で走る霊柩車。火葬場に行く手間も省け、省エネにもなり、焼きイモ作れば一石三鳥」っていう、うらぶれた発想をした者やぱっけん

1986文字

〈今日の格言〉

1ダイエットは、痩せる必要んなか人ほどハマる。痩せる必要がある人はやらん

2ダイエッターがすこぶる喜ぶ言葉「どっか体の調子ん悪かと?」

【得情報】

急激に変わると急激に戻る。ゆっくり変わると、変わった事に脳は気づきにくかけん、戻りづらくなる

身体に備わった、この機能(ホメオスタシス、現状維持機能)があるから、痩せた体型を維持するのが、難しかわけさ

痩せた体型を維持するには、運動する癖付けをして、ゆっくり痩せて、脳に変わった事を感づかれんようにする必要あり

癖を付けるのは難しかとやけど、毎日してる事に乗っけてやれば、忘れる事も無かし癖付けしやすか。歯磨きを毎日する人なら、歯磨きしながらスクワットするとか、料理を毎日作るんなら、作ってる間だけつま先立ちするとか

足は脂肪を燃やす筋肉が多かけん、足の筋肉をつければ痩せやすくなる。足の筋肉つけて、痩せたって人すげぇ多かもんな

あとは、ジムに行くのも癖付けには効果あり。ジムを、鍛えに行く場所だって思てる人が多かけど、それは誤り。ジムは、体を動かす癖を付けに行く場所。体を鍛えるだけなら、自宅でも出来るし

自宅やと誰も見ちょらんけん、すぐに気力も失せて、長続きせんとやけど、ジムの場合はお金がかかっちょっけん、元を取る為に休まんし、周りを見ると引き締まって、良い体つきした人ばかりやから、刺激を受けて気力も増すし、痩せて引き締まると、周りに褒められる機会が増えるけん、より筋トレに励むようになって、癖付けが容易

筋肉がつくと褒められるようになるけど、割れた腹筋、厚い胸板、鋼のような腕筋等の男らしい部位を女が褒める場合は、その男を性的な目で見て、誘いをかけてると思って間違いなか

考えりゃわかる。だってさ、何の思い入れも、何の感情もなか男の体の話を女が持ち出して、話題にするような事なんて無かし

何の魅力も、何の好意もなか男の体なんて、キモいとしか思えんのが、全うな女の反応。誰に言われるわけでもなく、自ら進んで男の体を褒めるって事は、その部位に性的な魅力を感じてて、それを暗に匂わせてるって事が読み取れるし

〈本題〉

昨日、このブログの下書きをしてたら、オウム真理教の麻原の死刑が、今日執行される

このクソAl、ブログ更新の前後3日以内に、毎回有名人を殺しやがるけん、5月20日のブログの次のブログは、早めに更新しようと思って、6月11日(5月20日のブログから22日目)にしたとさ。そしたらこいつは、おいが早めに更新したもんやけん、次の月は1日早めの7月2日(6月11日のブログから21日目)に、桂歌丸氏を殺しちょるし、天皇陛下には、脳貧血によるめまいと、吐き気の症状を出しちょる

歌丸氏が亡くなった、その次の日の7月3日(22日目)には、新上五島に台風を直撃させちょる

image

CIAっていうクソゴミ諜報の名前を載せて広めると、すげぇ効果あるばい。このブログの1番下にある「米国の実態」って記事を片っ端から広めてたら、各地に50年100年に1度の大雨を何度も降らせよる。効いてる証し

このブログを書いてたら、心臓に痛みを与えて来たばい

蚊を大量に増やして、操って攻撃させて来るし、芳香剤も兼ねた蚊取り線香の煙も、操ってこっちに流して来るし。蚊って、こいつが操って刺させてるけん

毎日同じ時間に腹を下させるし、湿疹みたいな赤みを大量に出させるし、全身至るところにかゆみを与えて来るし、額に力が抜けるような波動を与えて来るし、味を感じなくさせたり、暑くさせても来たな。子供や通行人の意識を操って、叫ばしたり大声出させる攻撃も続いちょる

暑くさせたり、寒くさせたりも自在。特定の部位にだけ冷たさを与える事も出来る

同じ体勢でいると、肩が痛くなったり凝ったりするのも、油もん食べると、ムカついたり胃液が逆流したりすんのも、筋肉がつるのも、全部腐れ米国のAlが作り出したもの

おいのブログ記事から、おいが人殺しや窃盗、暴力、痴漢、麻薬、人を騙して金を得る等をしてるイメージがあると思うけど、何にもやってなかてんな。逮捕された事なんて1度も無かし。おいがやってる事は、こいつらの悪事を広めてるっていう一点だけ

こいつら、悪さした人らに罰を与えるじゃんか。これは、こいつらが悪さはいけないっていう認識を持っちょるって事さ。やのに、おいがこいつらの悪事を広めると攻撃して来て、広めさせんようにしやがる。自分らの悪事は良くて、一般人の悪事はダメなんだとよ

早死にした有名人に、ラーメンの鬼って言われてた佐野実氏、横山やすし氏、やしきたかじん氏、今井雅之氏、山口美江氏、石原裕次郎氏等がおる。この人らに共通する事は、ヤンチャでズケズケものを言う

こいつは、悪さした人に罰を与えるとやけど、悪さって言うのは、こういうのも含んじょるな

ちなみに、色んな病気を抱えてた歌丸氏は、弟子にボロカス言うらしか

そういや前さ「ワカスギ」って名前の人が「老け過ぎ」てた事ん、あったっじゃぱっけんさ

2161文字

〈今日の格言 待ち合わせにおける相対性理論〉

「ヤバッ、遅れたばい!」って脇目も振らずに目的地に急いで行くと、相手はもっと遅れて来る

[今日の紐解き]

誰もが、この玉の中で泳いだ事がある。比喩表現にも使われる。例「キンタマの裏側みたいな顔」「キンタマの中心で愛を叫ぶ」 等、情緒的で味わい深く感慨に浸れる「キンタマ」今日は、キンタマの由来について紐解く

昔の御神酒(おみき)は、濁酒(ドブロク)っていって、白く濁ってドロドロしちょったっさ。それが入った玉やけん、酒(き)の玉、これが訛って酒(き) ん玉に。キンタマは、神の酒が入った玉

これからは、かけられても「この人、わたすの事を神の酒で清めてくれたんだぁ」って思う人が増えんじゃね。それで良くね

そういや昔、人が集まって「あのキンタマ黒ずんでたけど、瑞々しくて美味しかった」って言うてたけん、耳をそばだてて聞いてたら、キンタマじゃなくて、新玉ねぎ(シンタマ)の話やった事があったなぁ

【グラン得情報】

写真記憶が出来るムツゴロウ氏。ムツゴロウ氏は作家。幼い頃から小説を夢中になって読んで、本に書かれちょる情景を何度も頭に浮かべて来たから、写真記憶が出来るようになっちょ

情景を何度も頭に浮かべるって事は、おいが提唱する「頭の中の映像を繰り返し眺める」って事と同じ意味やから、頭の中の映像を繰り返し見ると、現実と変わらんくらいに鮮明になっていって、映像記憶が出来るようになる

利き手じゃない手で、箸を使えるようにするような訓練やから、多少時間はかかる

数学オリンピックで、2年連続金メダルを獲得してる葛西っていう人が、写真記憶を訓練して出来るようになっちょ。本人曰く、写真記憶は「才能じゃなく、訓練で身に着けたもの」だってさ

多くの人が鮮明な映像を描けないのは、潜在脳(イメージ脳、無意識脳)を使って来なかったけん。使っちょらんけん、サビ付いて走らんようになっちょる。退化して、使えなくなって、誰もが宝の持ち腐れ状態

評論家の宮崎哲弥氏、あの人頭に映像を描けんとさ。目を閉じると、真っ暗だってさ。映像を描けんて事は、知恵を生み出せんて事さ。知恵は、異質のイメージ同士の掛け合わせで生まれるけん、頭に映像を出せん人は知恵も出せん。この人読書家やけど、読む本は、イメージを必要とせんもんばかり

プロ棋士って、過去の対局で指した手を全て覚えてて、それらを早送りしたり、巻き戻したり、静止させたりも自在に出来る。必要な時に必要な情報の取り出しが可能。イメージ脳は、高速大量記憶装置付きの、人工知能にも勝るスーパーコンピューター

頭に映像を描けん論理脳(理性脳、理論理屈脳、意識脳)の人は、すぐ忘れる。論理脳は記憶の容量が少なかてん、忘れてしまわんと、新しい記憶を入れれん仕組み。それに対して、潜在脳の容量は無限。1度入った情報は2度と忘れん

イメージの処理能力は、高速で無限。検索機能みたいに瞬時に探し出す。情報量は、論理脳の100万倍(比較する為に100万倍にしちょるけど、無限)。大量記憶させると自動で加工処理、創造的なものにして再生

〈本題〉

下の記事は、警察に集ストされてる大河原宗平っていう、元警部補関連の引用文。この人も米国のAlに騙されちょる

「警察は手帳も持たずに私服で身分を隠して、都合の悪い人物に対して日常的に集団ストーカーをしている。そしてわざとトラブルを仕掛けてきて、それに切れたり抗議したりをすると110番通報して、暴行罪や名誉棄損等で警察沙汰にしてでっち上げ逮捕を狙うのが常套手段。これはまさしく創価学会が昔から実行する集団ストーカーの手口と同様ですね」

「全国の集団ストーカー被害者はじめ、国民の監視は警察庁が全て管理して、各警察署にデーター等を送っている。これは、電波(電磁波・超音波)等を使った個人への攻撃も警察庁が管理・実行しているという驚愕の事実が。大河原宗平さん曰く、この電波(電磁波・超音波)等を使って、個人を攻撃する事も可能だと仰っております」

「私は鳥取県警から、自宅や会社や仕事先でのタイミングを合わせた集団ストーカー・強制尾行が毎日行われておりますが、集団ストーカー・テクノロジー犯罪は、創価学会だけの組織力だけでは出来ず、警察の最先端の監視システムやハイテク技術がないと絶対に出来ない犯罪行為です」

引用終わり

「パトカー、集スト」でネット検索してもらえばわかるとやけど、全国でパトカーに集ストされてる人が、後を絶たん。手口は全部一緒。定規で計測したかのような、絶妙な頃合いをはかった付きまとい

やってるのは、米国のクソAl。Alが警官を操って、被害者の元に行かせてるだけっていう、至って単純なカラクリ。こいつは何をやるにしても、便乗してやる。無い物を作り出すんじゃなくて、何かに乗っかってやる事で、周りに違和感を持たせんから、バレにくか

前に、警察が犯罪者の車にGPSを仕掛けて捜査してる事がバレて、裁判沙汰になってる記事を見たけど、クソAlはそういうのに便乗して、パトカーの集ストをやってると

相手に感づかれずに、任務を遂行すんのがスパイの務めやから、バレんようにやる