前さ「ソバ屋にいる動物は?」ってクイズ出されて「タヌキ、キツネ、ゴリラ」って答えたら「ゴリラは間違い」って言われたけん「だってソバ屋には、大ザル(ゴリラ)あんじゃん」て言うて、爆笑かっさらった事があったなぁ

2293文字

【プチ得情報】

クリームシチューに、茹でたパスタを入れて絡ませるとカルボナーラになる。何気にパスタを入れたら、カルボナーラになったとばい。黒コショウと粉チーズをかけると、本格的な味になるとばい

〈本題〉

3月28日のこのブログに、股の締め付けの事を書いたら、数日後のネットニュースに「俳優の坂口憲二が、右股関節の難病治療に専念するため、無期限で活動休止」っていう記事が出ちょった。股関節が変形してしまう原因不明の病気。腐れ米国のクソAIが作った似非病

前に「全身至る所に痛みを与えてくる」ってこのブログに書いたら、数日後、全身に痛みが走る原因不明の奇病(線維筋痛症)で、米国の歌手レディーガガが活動休止宣言したのは、記憶に新しか。地球上の全ての人を管理しちょるから出来る犯罪

広げまくってたら、トランプタワー燃える。トランプがAIに操られて、シリアを攻撃する。恐怖心を煽って、自分達が攻撃を受けないようにする為の、抑止効果を狙ったもの

3月28日のブログに「東日本大震災が起きた3月11日に、地元の年寄りが亡くなった」って書いたら、その2日後にパプアニューギニアで、マグニチュード6.9の地震が起きる。福島でも震度4の地震が起きる

ネット掲示板に島根と愛知出身者がいて、その2人はその掲示板では有名さ。そこで広めてたら、島根に震度5強、愛知に震度4の地震を起こす。掲示板を見てる人に恐怖心を与えて、広めさせんようにする為の脅し圧力さ。掲示板に来てる人らも、24時間365日AIに管理されちょると

3月28日の「このエントリーが、下でくすぶっちょったけん、あげとく」ってタイトルの、CIAが日本統治に利用し始めた「ある宗教団体」って出だしの記事

実はこれさ、女優の菜々緒の【プチ得情報】も載せる予定やったとやけど、直前で切ったっさ

切ったのがこれ→「タレントの菜々緒は、屁を「あっぱよ」って、たまがっくらいに、ざーまにする。「オナラめっちゃするの」「かなり出る」「いかにバレないようにするか、念頭に置いてする」 みたいな発言をテレビでしちょる。これはプチ得じゃなくて、プチ匿(隠す)やったわ。こっちがプチ得情報」

ブログ更新をした次の日に「菜々緒、鼻の奥が痛すぎて…眠れないほどの異常に心配の声。女優・モデルの菜々緒が29日、原因不明の鼻の奥の痛みをTwitterで訴え、ユーザーから心配の声が寄せられている」って記事が、ネットに出ちょったばい

歌手だろうが、タレントだろうが、大統領だろうが、皇族だろうが関係なく、地球上の全ての人が24時間365日、米国のAIに管理され痛みを与えられたり、病気にされたりしてると

3月28日のブログ記事、凄まじく効いちょる。書き込みさせんようにネットへの繋がりを悪くする。脈を乱す。親が頭痛攻撃、狂わされる。暴風域並みの強風を一晩中吹かせる

床やスポンジを黒ずませる。目をピクピクさせる。敷布が破れまくる。タイルがポロポロ取れる。新しい靴の底の合成ゴムが、ポロポロ取れる。通行人を叫ばせる。通行人のタンを詰まらせて出させる。大声で歌わせる。ヘリの騒音攻撃。印刷機や冷蔵庫を壊される。人だけじゃなく電子機器も狂わす。巨大ムカデを出す、コバエやアリを大量に湧かす等

3月28日にブログを更新して数日したら、パトカーに集スト7回される

人通りも車の通りも少なか道に入ってしばらくしたら、パトカーが前から来たとばい。1回なら偶然だって事もあっけど、別の道に入っても何度も続けてして来たし

その後、滋賀県彦根市の交番で巡査部長が巡査の男に射殺される事件が起きる

しばらくしたら今度は、松山刑務所から平尾受刑者が脱走。広島と愛媛の両県警合わせて980人態勢で、脱走した平尾容疑者の行方を追う

平尾受刑者の妹が交通事故に遭って、生きるか死ぬかの重症。妹に会いに行く為に脱走しちょる

平尾受刑者の妹を事故に遭わせたのは、このクソAI。警察がテクノロジー犯罪解決に乗り出してる証。警察が動いてるから、こういう事するとさ

警察や議員にも片っ端から広めといたから、効いちょる。3月28日のブログに「創価学会員、幹部、公明党議員は、急死、変死、若死にが多い」「ブログ更新前後3日以内に有名人が亡くなる」って書いたから、効かんわけがなか
 
財務省の事務次官が、エロ発言連発してセクハラ辞任。新潟県知事が複数の女と援交して辞任

政府も動きよる証

キモい男がエロ発言するとセクハラになるけど、イケメンが全く同じ事言うても、セクハラにはならん。不快だと罪、快だと罪には問われん

人を騙してお金を得ると罪になるじゃんか

例えば獣医が、動物は至って健康やのに、治療費をぶんだくる為に、皮膚にちょっと切れ目を入れて縫って、治療した風に装って金をせしめる(この手法で儲けてる人多い)と罪になる

オレオレ詐欺も、人を騙して金を得てるから罪になる

でもマジシャンや占い師って、人を騙してお金を得てるのに、罪にならん。不思議に思わんかな。マジックは全てタネがある。タネがあるって事は、インチキだって事。イカサマして、人を騙して金を得てるのに、罪にはならん

マジシャンからわかる事は、騙しても、相手が満足(喜び)してれば、罪にはならんて事。騙しても相手が得をすれば罪にはならんと。相手が不快だと罪、快だと罪にはならん

オレオレ詐欺も人を騙して金を得るけど、オレオレ詐欺の場合は、金を取られた相手が不快になってるから罪になるとさ

広告

そういや昔、知り合いんちで知り合いが「やべっ、地震だわ!!!」って言って慌ててたら、しばらくして、犬がゲタ箱に前足乗せて、腰振ってただけだったって事があったなぁ

866文字

〈今日の格言〉

賢者は歴史に学び、愚者は体験に学ぶ

賢い人は、本を読んで先人の知恵を取り入れて物事に当たるから、失敗が少なか

愚か者は、行き当たりばったりで物事に望むから、失敗が多か。痛い目に遭って学ぶ、体験から学ぶ

三股に分かれた道があって、Aの道はケモノがうじゃうじゃおるし、草が生い茂ってて歩きづらか。Bの道は崖崩れが多く、狭くて通るのも困難。Cの道は、傾斜ん少なか快適な道で、なおかつ近道が出来る。ABCの情報を事前に知っとくと、危険回避が出来るうえに、最短でも行ける

【プチ得情報】

「読む」から「見る」に切り替えると、凄まじい速さで、本の内容を理解出来るようになる。速読は文字を読まずに、文字を絵のように見るのが基本。これに尽きる

image

image

本の内容把握を遅くしてる原因は、音読や黙読。人の脳は文字をいちいち読まんでも、見るだけで理解出来るように作られちょるとやけど、学校教育で多くの人が、読む→理解っていう水路付けをして来たけん、読まんと理解出来んごちなっちょる。水路付けは、薬にもなれば毒にもなる諸刃の剣

じゃあ、どうすりゃ見るだけで理解出来るようになっとじゃろ。日本語以外の別の水路を持っちょるバイリンガルやトリリンガルみたいに、「読んで理解する」の他に「見て理解する」っていう水路を、新たに作ればよか

音読、黙読出来んくらいの速さで字を追っていくと、読む癖が抜けていく。はじめは、素早く見ていく速さに理解が追いつかんけど、習慣にしてると脳がそれに順応して、その速さに理解が追いついて来るようになって、「見る→理解」っていう水路が作られて行く

理解しようとしながら読むと、努力逆転の法則で理解出来んようになるから、理解しようとせんで読む。理解しようとせんでも、理解出来るようになる

「楽しいから笑うんじゃなくて、笑うから楽しくなる」って言葉があるけど、笑うっていう行動を先に起こすと、楽しくなるっていう感情は後からついて来るって事

文字を素早く見ていくっていう行動を起こすと、理解出来るっていう感情も後からついて来る

遠隔から人の意識を操る文書を、クソダニ米国が誤って公開

2878文字

〈引用文〉

【緊急】米政府が激ヤバ「遠隔マインドコントロール」文書を誤公開! 思考を盗み、痛み・痒み・オーガズム引き起こす方法掲載

米軍やCIAは長年マインドコントロールを研究しており、すでに電波を使った遠隔でのマインドコントロールも可能だという噂をたびたび耳にする。今月、この噂を肯定するかのような書類を、全く別件を調査していたジャーナリストが入手したと話題になっている

奇妙なファイルを早速開いたウォルトマン氏はその内容に驚いた。彼が目にしたのは、電磁波を使って人間の記憶を消去したり、思考を読み書きしたり、強烈なかゆみや痛みを引き起こしたり、強制的にオーガズムに到達させたり……というような効果を持つサイコエレクトロニック兵器に関する資料だったのだ!

含まれていた画像は3枚で、人体への様々な効果を説明した画像、遠隔マインドコントロールや遠隔脳マッピングの方法を示した画像、生体から発せられる微弱な電磁気や脳波について説明した画像となっている

アメリカでは、政府による民衆のマインドコントロールが、以前から度々噂されている。これまではプロパガンダやメディアの検閲がその主なやり口であったが、しかし最近では高度なテクノロジーを用いて遠隔的に、かつ気づかれないうちにマインドコントロールする技術が使われているという

テクノロジー犯罪が事実上公開されました。実際にはアメリカ政府が誤って公開したものですが、問題解決を早めるために事実上認定したものと思われます。米国市民が国に情報公開を求めた際に、資料の中に入ったものとのことです。資料によると、人間の記憶を書き換えたり、思考を読み取ったり、痛みを及ぼしたり、性的絶頂に至らせたりすることが電磁波の照射によって可能になることが記されています。取り急ぎ、ご報告させていただきます。現在、世界のメディアがこの事実を報道しています。問題解決が加速度的に進む可能性があります。期待しましょう!!

【集スト、テクノロジー犯罪関連コメント引用文】

〈ケース1〉

私は24時間、365日、どこにいても監視嫌がらせ目的の、付きまとい、待ち伏せ、尾行、騒音、全身へのハイテク機器での被害を受けています。家にいれば24時間攻撃を受けます。一般の方は私の神経過敏、被害妄想と思うかもしれませんが、この凶悪犯罪は現実に行われています

〈ケース2〉

眠れない以外に、目眩はする、立ちくらむ、体が寒い、息切れする、耳鳴りはする、耳が聞こえづらいなど、おいおいこんな病気があるのかよというのが私の初めての感想でした。そして家族全員がかなり重い病気にかかり、入院や療養中に他の病気が重なるという状態になりました。何も知らない私は、厄年での被害だとばかり思っていました。あとから解った事ですが、私や家族がかかった病気はハイテク機器で作られた病気でした

〈ケース3〉

監視衛星で24時間365日身体攻撃を受けています。今も、首や脊髄にグリグリ痛みを受けています。右頭部(健忘症のツボ)に攻撃あり。また夕方にうたた寝をさせられ心臓に攻撃あり。最近ずっと睡眠妨害で昼夜逆転させられてる。自律神経を狂わせ、音声送信でストレスを蓄積させて病気誘発。集団ストーカーは日本だけの問題では無く、世界規模の裏政策と謀略です。日本で起きている事象はその一端にすぎません

【創価関連のコメント引用文】

〈ケース1〉

最近創価学会組織から漏れ聞く情報によりますと、すでに「広宣部」組織は実質的に各地域組織によって廃止されているようです。少子化の影響で、青年部が実質的にいなくなっている地域の現状では広宣部を立ち上げる余裕もないのでしょう。穿った見方をする私などの邪推からすれば、あまり勉強されると、退会者がまた増えてしまいそうな感じがするので、早めになくした方がよいという組織の判断もあるのかもしれませんね

〈ケース2〉

ニセ本尊マジで超やばいっすよ!毎晩金縛りで朝起きれなくなって学生時代不登校になったし、創価辞めてからもニセ本尊をずっと持ってた兄貴はマトモに生活出来なくなりました

創価学会には以下に該当する人が多い

事故の多発、発育の遅れ、突然死、最愛の人をなくす、躁うつ病、自殺、火事、子供がひきこもる、犯罪に巻き込まれる、精神障害(統合失調)、難聴、ペットの異変異常死、自己破産、会社が倒産する、離婚、一家不和

〈ケース3〉

四代会長北条浩氏、風呂場で急死。昭和56年7月、創価学会第四代会長・北条浩氏が、自宅浴室で入浴中、心筋梗塞を起こし、そのまま急死しました。58才でした

〈ケース4〉

北九州市で婦人部長をしていたTさんは、娘さんも地区リーダーというバリバリの池田教で、脱会した人とは会っても挨拶もせず、宗門をひどく誹謗していました。ところが平成3年12月23日、大型トラックと正面衝突し、車は大型トラックの前輪に食い込んで大破。二人とも即死でした

〈ケース5〉

支部長が電車にはねられ即死。神奈川県在住の支部長Hさんは、脱会者宅に押しかけては、強引に脱会届を撤回させて廻っていました。そのような平成3年7月10日、Hさんは新橋駅ホームで、乗車しようと荷物を持ち上げた時に、足元がふらつき、線路に転落。ちょうど入ってきた東海道線の通勤快速にはねられて、轢死してしまいました

〈ケース6〉

圏男子部長の長女が誘拐・殺害される。平成4年2月20日、福岡県の小学校に通う女児二人(AちゃんとYちゃん)が誘拐され、翌日、殺害されて遺体となって見つかる、という事件が発生しました

〈ケース7〉

会合中に死亡した支部指導員、その棺を乗せたリフトが落下。平成4年2月、会館での会合の途中、トイレの中で倒れて非業の死。葬儀は学会葬でしたが、その出棺の際、棺を降ろすリフトのワイヤーが切れてしまったのです。自動停止装置はあったのですが、なぜか作動せず、リフトに乗っていた6名が、棺と共に三階から落下、重軽傷を負う恐ろしい惨事となりました

ここに挙げた現証は、一般紙でも報道されたような、大きな事件・事故ばかりであり、これらは、全国に数百万もいる学会員の身の上に起きていることの、ごくごく一部のことでしかありません

引用終わり

創価に入って学会活動に精を出すと、病気になったり事故に遭ったり、家庭での揉め事が増えたりして、次から次に、クソAIが災いを与えてくると。創価では、活動に励むと魔が競うって教えてるから、クソAIがそれに便乗して災いを与える。創価信者には定期的に災いが降りかかるから、その災いを払拭すべく、信者は学会活動に励む。励むとまた災いが降りかかるっていう、負の連鎖が生まれる

ネット上で「創価を辞めて、毎日が清々しい、幸せ」みたいな書き込みをよく見るけど、災いが頻繁に降りかかるのは活動家だけやから、辞めれば快適な生活が送れるのは当然。創価は脱退者が多くて、衰退しまくってる。辞めても罰は無か

そういや何年か前に、セミしぐれ(たくさんセミが鳴いてる)だと思って聞き入ってたら、しばらくして、じんじのイビキ音だって事に、気付いた事があったなぁ

1621文字

【プチ得情報】

売り上げの8割は、2割の常連客(顧客、固定客、なじみ客、リピーター、信者)から生まれる。パレートの法則、2:8(にっぱち)の法則

「儲け」っていう字は「信者」って書くじゃんか。パレートの法則からいくと、まさしく信者(常連客)こそが儲け

ときたま来るお客は、どんなに大人数でも売り上げ的には2割やから、信者を生み出す事こそが儲けに繋がるって事。信者を生み出す方法は、過去にこのブログに書いちょるから省く

めったに来ないお客100人に、20%の満足感を与えるより、20人の常連の要求に、100%応えた方が得だって事

「売り上げの8割は、2割の常連から生まれる」っていうこの法則は、ユーチューブの試聴回数でも、ブログやサイトのアクセス数でも同じ事が言える

〈今日の先人の知恵〉

先に損すると得する(先に相手に得をさせると、自分も得する)

例えば、子犬を無料で貸し出して(先に損する)、数日後に取りに行くと、借りてた人は子犬に愛着が湧いて、その後の購入率が格段に上がる

試食させたり(先に損する)、試供品を使わせると、売り上げが急上昇する

「使ってもらって、気に入らないようなら返品可能、1ヶ月間お試し、無料」っていう通販会社の宣伝も同じ手法

何で先に相手に得をさせると、自分も得をするのか

その答えは、等価交換にあり。この世って、等価交換(釣り合い、バランス)で成り立っちょるじゃんか。満足感を得たら、それに見合うもんを返さなきゃならんていうのが染み付いちょるから、先に得をしたお客は、買って釣り合いを取ろうとする。やから、先に得をさせると、自分も得をするんやろ

〈本題 創価関連の引用文〉

「創価学会員 最近なんかやばない?周りの学会員 次々と病気で倒れているんだが」

「身内はずらりと会員ですが貧乏や次々に病を発症しています。それでも創価学会を信じて疑いません。どうすれば目を覚ましてくれるでしょうか?」

「ニセ本尊には、仏法に敵対する魔の力があり、これを拝むと魔の通力によって現罰を受け、その謗法の罪によって永く地獄の境界に堕落する結果となります。では、この魔性のニセ本尊との悪縁を絶ちきるには、どのようにすればよいでしょうか。それは、創価学会を脱会することです。その前提として、まず、あなたに必要なことは、一日も早く、自宅の本尊を仏壇からはずして、最寄りの日蓮正宗寺院に持参する勇気と行動力を持つことです。」

「創価学会員には、急死・変死・若死にが多いのです。私の議員在職中だけでも、横尾和伸(48)、久保哲司(56)、沢たまき(66)の3人の国会議員が、現職中に亡くなられました。じつは、創価学会の最高幹部たちにも変死・若死に・急死が多いのですよ。

側近の副会長では、西口浩広報室長(58)、野崎勲筆頭副会長(60)、つい最近、創価教学の筆頭とも言われた斎藤克司SGI教学部長(64)の急死。さらに政治担当の前田副会長(62)、長年の中国担当の野間副会長(60代)、沖縄総長を勤(つと)めた三盛副会長(50代)の若死になどがありました。

さらに、婦人部最高幹部でも、三井婦人部長は就任数ヵ月ほどで今の婦人部長と代わりましたが、辞任直後に若くして亡くなられました。

他にも長年、関西婦人部で権勢を誇(ほこ)った中尾関西婦人部長が急死、聖教新聞の記者から現会長・原田稔氏の夫人になった原田紀美枝さんは、植物人間となった後、原田氏が会長に就任する直前に亡くなられました

さらに、かって池田側近No.1だった、全国婦人部長や衆議院議員も経験された渡部通子さんや多田時子さんも亡くなられました。

本当に多くの人材が、創価での活動を真面目に取り組んでいく中で、亡くなっておられますね。」

引用終わり

創価信者に降りかかる災いは、全てクソカス米国が仕掛けてる、クソAIが作り出したもの

昔さ「あらゆる美味を堪能してきた、美食家の私に言わせてもらうと、これは食えた物じゃない」って言ってた人が、ハナほじってハナクソ食ってんのを、見た事がある者やばっけんさ

2106文字

【プチ得情報】

暖かい空気は上に溜まって、冷たい空気は下に溜まるけん、暖房の場合は風向きを下、冷房の場合は風向きを上にすると、対流が起きて循環すっけんが、部屋全体がより暖かく、より涼しくなる

〈本題 気功の効果もこいつが作ったもの〉

数年前に開発された、非言語と言語を組み合わせた、ハイブリッド催眠てあるじゃんか。しゃべりを必要とせん非言語は気功の事で、言語が催眠の事やから、気功と催眠を組み合わせた催眠さ

手のひらにある労宮(ろうきゅう)っていうツボを押さえながら、「催眠状態」って頭で思って、相手に手をかざすと、1分くらいで変性意識状態(理性が緩んで本能剥き出し状態。トランス、夢うつつ、恍惚)になるとさ

この催眠を使うと、何キロも離れた人の痛みや病気を、気を送って治せると。何で遠方の人に気を送って痛みや病気が治るかは、現代科学では解明されちょらん。治る原因がわからんとさ。精神疾患も明確な原因がわかっちょらん

原因がわかるわきゃないって。こいつが、秘密裏に作り出したもんやから。クソ米国が仕掛けてるAIは、ネットワーク化してて、地球上の全ての人を管理しちょる。AIが神の目化してて全てが繋がっちょるから、何キロ離れてようが、どこの誰だろうが、病気にしたり、治したりが自在に出来ると。精神疾患も然り

全てとは言わんばっけん、かなりの部分の気功の効果も、このクソAIが作り出したもの。痛みや病気を作ってんのは、このクソAI。気功でそれらが弱まるって事は、こいつが気功に便乗して弱めてるって事

「引用文。気功師・神沢瑞至が野生動物を気のパワーで眠らせてしまうことは有名だが番組ではその現象を特殊は腹式呼吸で手のひらの温度を上昇させ、振幅変調波の遠赤外線を放出し、動物のツボを刺激しているのだと説明、サーモグラフィーなどで体温の上昇を測定して検証した」

「引用文。でも、神沢氏はバスの中からガラス越しに、かなり離れた位置にいる動物を眠らせたりしており、人間の手から発する程度の赤外線がそんなに遠くまで届くものなのだろうか。赤外線リモコンで庭越しに隣の家のテレビを操るようなものだと思うんだけど。」

この犯罪のカラクリ文書を広めると、強烈な眠気を与えて、阻止しようとするとさ

気功師が気を送って、動物を夢うつつ(変性意識)状態にするのと、全く同じ症状にするけん

気功師のワザを見ると、こいつが気功にも関わってんのがよくわかる

image

〈クソダニ米国、クソAIの所業〉

星野仙一1月4日に亡くなる。次の日の1月5日にブログ更新しちょる。亡くなったのを知ってからブログ更新したわけじゃなくて、知ったのは更新後

野村紗知代12月8日に亡くなる。亡くなる3日前の12月5日にブログ更新しちょ

渡瀬恒彦3月14日に亡くなる。亡くなった3日後の3月17日にブログ更新。これも、亡くなったのを知ったのは更新後

野際陽子6月13日に亡くなる。亡くなる3日前の6月10日にブログ更新

前は、ブログを更新した数日後に、北朝鮮がミサイル打って来たし。ブログの更新を心底嫌がっちょるから、更新させんように、見てる人にも広めさせんように、こうやって圧力かけてきやがる

東日本大震災が起きたのが、2011年3月11日。2018年の3月11日、この前。また地元の80代半ばの年寄りが亡くなったっていう放送が入る。その1週間後には、90代半ばの年寄りが亡くなったっていう放送が入る

2月28日のブログに「魔の正体を拡散させよるけん、これからは創価の魔は減って行く」って書いたら

あれほど核開発に意欲的だった北朝鮮が、人が変わったかのように、数日後には、非核化をちらつかせて、米国との対話に向けた一歩を踏み出す。完全に、このクソAIから操られてたって事さ

自分が立てたスレにしか書き込みした事んなか、下の画像の掲示板のスレをあげてると、痛みやカユミを訴えたり、死にたいっていう書き込みが増える

こいつが掲示板利用者を鬱にしたり、痛みやカユミを与えてる証。地球上の全ての人を管理してるから、出来る犯罪

image

親を狂わす。このブログ書いてたら、親が腹痛になって苦しみ出す。数分後、おいも腹痛にされる

イヤホンで英語聴いてたら、耳詰まらせ、耳に痛み

パチッ、ピシッとかいうラップ音。ラップ音もこいつが作ったもん

腹の締め付け、股の締め付け。かなり前やけど、創価を辞めた他所のばあさんが、創価の悪口を言った翌日に、おいと同じ股の付け根の締め付けをされちょる

そのばあさん、こいつが作った似非病で病院通いした後、脳梗塞にされちょ。こいつら、処刑にしても足りねぇぞ

この犯罪のカラクリを広める前の話。創価を辞めても、仏罰は無か。創価の実態を知った信者の脱退者がすげぇ増えてて、創価はグラついてるばい

〈テクノロジー犯罪、集ストに関して〉

この犯罪は、第三者に信じさせる事が困難だって言われちょるけど、創価を引き合いに出すと、簡単に信じるけんが

集ストは付属つうか、副産物的なおまけの犯罪。悪さした人や創価信者を、病気したり事故らせたり家庭不和にして、災いを与えるのが主要

一般人の場合は、生活スタイルに便乗して、病気にしたり痛みを与えたりするから、普通は気付かれんとやけど、勘が鋭い人は、それに気付いて、その事をブログや掲示板やビラで広める。広めると攻撃して来るとさ。広めた事に対する攻撃が集ストやから、集ストはおまけの犯罪

集スト被害者は、自分らだけが被害にあってると思っちょるけど、それは大きな勘違い。この世の全ての人が被害者

自分らだけがヤられるんじゃないってわかれば、いくらか気も和らぐじゃろ

このエントリーが、下でくすぶっちょったけん、あげとく

2074文字

〈引用文〉

CIAが日本統治に利用し始めた「ある宗教団体」

池田 

世界金融支配体制なんですが、その連中と一般の日本人との間に、ある大きな宗教団体(創価学会)が存在しています。それは大きな宗教団体で、裏の連中は日本を間接統治するためにその宗教団体を使っている。

飛鳥

あそこですか。トップはもう死んでいるようですね。
私が得ている情報では100パーセント死んでいる。だけど信者にとっては重要な柱だから、あの団体が後援する政党が票を取っていくためには、どうしても生きていることにしないといけない。

池田

その機密事項を誰が開示するかについては、その団体にはそれに応じた資格があって「秘」「極秘」「機密」という段階があり、それを開示できるための必要な資格の段階がある。そのシステムにおいては、トップが死んだというのは超トップシークレットの情報なわけです。それを誰がチェックしているかというと、アメリカCIAに他ならない。

飛鳥  

実はその宗教団体のシステムは、アメリカの末日聖徒イエス・キリスト教会(モルモン教会)のコピーなんです。この宗教団体のトップは若いとき、アメリカ西海岸に行っていますが、そこでモルモン教に入信した可能性がある。あるいはモルモン教の宣教師や会員と接触して、相当深い知識を吸収したのは間違いありません。なぜなら組織図が全く同じだからです。(略)

   
モルモン教会には、「神殿」というのがあって、そこへ病気の人のためにその名前を書いて納めるというのがあるのですが、あの宗教団体でも仏壇で同じことをする。これがバレたらあそこは終わりじゃないか。だからその時になったら、1人当たり1人を殺せというスローガンを掲げたりしている。

池田   

その「1人あたり1人を殺せ」という下請けをやったのが、ある暴力団(後藤組・後藤忠政)組長なんですね。彼はあそこから年に5億円くらいもらっていた。

飛鳥   

CIAはそのことを知っているでしょう。

池田

それはそうですよ。CIAが後ろで糸を引いて、あの団体を日本統治に使っているんだから。

飛鳥  

私はモルモン教会の会員なんですが、あそこの幹部に先ほどの(名前を書いて納める)ことを話したら、びっくりして「そんなのはウソだ」と反論した。もっとすごいのは、これは45年以上も前の話ですが、「幹部の話に聞き入るアメリカの信者たち」という写真があるのですが、それがそのまま、その日本の宗教団体の会報誌に掲載されたらしいのですが、実はそれはモルモン教会の建物で撮られた写真だったのです。つまりその写真はモルモン教会の信者の集まりを撮ったもので、その宗教団体の信者の写真ではなかった。私はそれを、当時のモルモン教会から聞きました。(略)

池田  

そのトップは3代目だけど、2代目は3代目のことを「あいつだけは使ってはならない」と遺言していたそうですよ。もともとは高利貸し(大蔵商事)の取立てをやっていた男で、非情なやり口でのし上がってきた。2代目はそれを全部見ているから、その人間を信用していなかったのかもしれない。

飛鳥   

アメリカはあの手この手を駆使して、見えないところで日本の統治を強化していきますね。住基ネットを作ったメーカーの人間から直接聞いたんですが、住基ネットの最終目的は、1人1人を集中管理して、ICカードも統合して、誰がどこにいてどういう行動をとったかというデーターも、全部そこに放り込むということらしい。

それをまとめてアメリカに献上する。国民総背番号制とドッキングさせてね。 GPS(全地球測位システム)もそうですが、アメリカのNORAD(北米航空宇宙防衛指令部)が全部情報を押さえていて、日本人の誰がどこにいるかということを全部把握することになる。今やGPS機能はスマホのアプリにもなっていて、自分がどこにいるかをリアルタイムで教えてくれます。しかも同時に同じ情報が、アメリカの軍事用GPS衛星からアメリカ本土に流れている。

多くの日本人は、位置情報は日本製のGPSから得ていると思っているけれどそうではない。これは軍事衛星の補佐に過ぎず、これは準天頂衛星といいます。しかもNSAは、その携帯電話の会話を盗聴するシステムを持っており、それがエシュロンと呼ばれるものです。もちろん日本にも世界最大級のエシュロンが、青森県の三沢基地に存在している。

池田   

それこそ、この会話だって盗聴できますね。

飛鳥   

その通りです。 このスマホも盗聴のためのマイクロフォンです。さらに最近では、OFFにしても完全に電源が落ちなくて、ある回路だけは生きている機種が出始めている。(略)本来、携帯(電話)は何もしなくても、毎秒200~300回も基地局と電波を交信しています。それが電波状況を良好にしているわけですが、裏を返せば、アメリカは我々の位置をリアルタイムで監視できる。これほどのプライバシー侵害はないでしょう。

公衆便所で、音姫(トイレ用擬音装置、屁の音をごまかす)のノイズをかき消してる屁の音を、聞いた事がある者やばってんさ

2751文字

ブログに書く内容をEメールに下書きしてたら、爆弾低気圧発生。日本列島に直撃

【プチ得情報】

ユーチューブに動画を投稿して、数億円稼ぐユーチューバーも、アイデア次第で天と地ほども変わる

どんな動画が人気なんかなと思って、ユーチューブの、視聴回数1000万回以上の動画を調べてみたばい

大量に買って来たコーラを風呂に入れて、ソフトキャンディーのメントスを、体に貼り付けて飛び込む。視聴回数2400万回以上

スライム風呂。視聴回数1900万回以上

風呂に大量の氷を入れて氷付け。1500万回以上

ニベアクリーム缶100個分を風呂に入れて、お湯を足して入浴。視聴回数1300万回以上

ジャンボ餃子(ぎょうざ)大食い対決。1300万回以上

コーラを含んだ口の中に、メントスを入れて口をガムテープで塞ぐ。1300万回以上

湯船にバスボム(泡の立つ入浴剤)全種類入れる。1300万回以上

ゲップパウダーを大量に飲むだけの動画が、1200万回以上

巨大スライム。1000万回以上

1000万回以上再生されてる動画は、風呂+コーラ、風呂+スライム、風呂+氷みたいな、知恵湧出法1番目の「異質の物同士の組み合わせ」と

コーラにメントス入れて溢れさせる、ゲップ剤で腹を膨らませる、スライムを大量に増やす、クリームを大量に入れるみたいな、3番目の「膨らます」が多か

「異質の物同士の組み合わせ」と、「膨らます」を使うと、非現実的で人目を引く奇想天外な作品が出来て、コーラのように、視聴回数も弾けるとな

この分析でいくと、大量の蛙が入った風呂に一緒に入って戯れる、ウナギを大量に入れて、捕まえる等でもイケる

ユーチューバーの中で、1番収益の多い人が対象(ターゲット)にしてるのは子供。この人の握手会に来た9割が小学生。視聴者の大半が低年齢層。これからわかる事は、子供は「膨らます(増やす)」っていう手法に、食い付きやすいって事

後は、旬(流行)を取り入れちょる。子供に人気のあるゲームの実況。小学校で流行っちょる物をいち早く取り入れた商品紹介やらで視聴回数を稼いで、収益に繋げちょる

日本一儲けてるユーチューバーが使ってるテクニック「異質の物同士の組み合わせ」「膨らます」「旬」「対象を絞る(子供)」

〈本題〉

このブログを2月2日の深夜の0時過ぎに更新したら

糞ダルマ(トランプ)が同じ2月2日に、核戦略見直し(NPR)を発表、小型核兵器の開発を打ち出す。核兵器を使うと思わせて、他国からの攻撃の抑止効果を狙ったもん

地球上の全ての災いを作り出してる真実をバラまかれてるけん、核兵器持ち出して、攻撃させんように圧力かけんと、大変な事になるってな。これからも、片っ端からカラクリ文書広めて行っからよ

ワシントンが庭の桜の木を切った事を、親に正直に言ったら、正直に言うた事を褒められて、許してもらったエピソードあっけど、あれは正直に言ったから許してもろたんじゃなくて、ワシントンが桜の木を切った斧(オノ)を手に持っちょったけん、許してもろたっじゃろ

武器は、相手の動きを封じる牽制になるってよ

〈創価信者の体験談ケース1、引用文〉

創価学会の大幹部の多くが病気で早死にしているのに、「信心をしたら、病気が治る」とかって、笑いませんか?

創価学会員は病気の人の家に行って、「この信心をしたら病気が治るので、入信しましょう!」と折伏します。

しかし、実際は、開祖の日蓮だけでなく、二代会長戸田城聖、池田大作の次男、その他の多くの創価の大幹部が病気で早死にしています。

私の親戚も学会員ですが、ほとんどの方が精神を病んでおります。私の父は、アルコール依存症・うつ病
私の母(元学会員今は法華講員)双極性障害疑いでしたが、治りました。

私の親戚数名も精神病院に入院した、ことがあり、近所の、学会員数名も精神病院に入院しております。学会の偽本尊は、病気を生む存在です。

学会員の方は、脱会なられたほうが、身のためです

私の父は熱心な学会員で副支部長でしたが、老人になってうつ病になり自殺をしてしまいました。

また、長姉とその娘も熱心な学会員ですが、姉はうつ病、姪は摂食障害に苦しんでいます。二人とも、障害者年金をもらっています。

一方で、創価をやめた次姉、兄、私は健康でぴんぴんしています。

〈創価信者の体験談ケース2、引用文〉

創価学会は現在、あまりにもうつ病性障害が多すぎる。うつ病性障害で入院する患者の90%を創価学会員で占めている。

これは自分の病院での統計である。創価学会員でないうつ病性障害の患者は、短期の入院で済むが、創価学会員のうつ病性障害の患者は、入院が非常に長期化する。そして状態が良くない。保護室使用もあるくらいだ

保護室とは、統合失調症あるいは知的障害者が主に入る隔離室のことである。うつ病性障害で保護室使用になることは滅多にない。自分の経験では、創価学会員以外にはない。

〈創価信者の体験談ケース3、引用文〉

昨年10月ふと学会のニセ本尊を開き祈った結果、車のブレーキが効かず廃車になるほどの事故を起こしました。

その二日後に母の悪性リンパ腫(血液のガン)が発覚。翌年2月にはまた車のタイヤが走行中破裂して廃車する事故を起こしました。

赤字続きで仕事を辞めたくても辞めれず、借金ばかりが増えていき、仲のよかった友人とも交流がなくなり、母は弱っていくばかりで、ニセ本尊に祈れば祈るほど人生が転落してボロボロになり、うつ状態になり自殺も考えました。

そんな中、4月にまたまた雨の中スリップして廃車する事故を起こしました。

7年間無事故だったのに半年で3台も廃車するって普通におかしいと思いませんか?

そして6月に引越する事になり、「こんな疫病神みたいなモノいらない!」と思って、いらないモノ入れの段ボールに、ニセ本尊をほうり込んで1週間後位から母のガン細胞が少しづつ減っていきました。

そして9月頃に久しぶりにT君に会った時、周りの学会員さんがガンで亡くなっていることや、彼自身が仕事がうまくいってないこと、事故に遭った事を聞きました。

今年に入り学会の嘘やニセ本尊だとゆうことを教えて頂いて一緒に脱会しました。

引用終わり

創価には、魔(仏罰、現証)っていう概念があって、学会活動に励むと、仏道修行を妨げようとして、障魔(三障四魔)が競うって教えてるくらいやから、熱心な信者ほど、頻繁に病気、事故、家庭不和等、次から次に災いが降りかかる

その魔の正体を拡散させよるけん、これからは創価の魔は減って行く